紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

肩こり

くび・肩・背中の痛みに悩んでいる人は、いつの時代もなくなることはありません。厚生労働省が毎年行っている「国民生活基準調査」の「気になる症状」に肩こりを挙げている人は、男性では腰痛に次いで第2位、女性では第1位になっています。男性では30代から、女性は20代から自覚症状を訴える人が増えています。

肩こりとは、くび・肩・背中の筋肉の緊張状態が続いて血行障害を起こし、筋肉が疲労した状態のことです。「頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)」とも呼ばれていて、くびから背中にかけての筋肉の違和感・不快感・だるさ・しびれ・鈍痛などがあります。

ではなぜこのような痛みが出るのでしょうか?
人類の祖先は、他の脊椎動物と同じように4足歩行をしていました。当然、骨格もそれに見合ったつくりで、肩甲骨が脊柱に乗った構造になっています。
しかし、進化の過程で4足から2足歩行になり、重たい腕や肩甲骨を肩からぶら下げて歩くことになってしまいました。すると当然、肩の筋肉にその重さが全部乗ってしまうようになりました。
その上、直立した人類は、約6~7㎏もある頭部を、首と肩で支えなければならなくなり、よりいっそう筋肉への負担が増えてしまったのです。
このように、ただでさえ負担がかかっていますので、デスクワークや肉体労働に限らず、さまざまな理由・原因によって引き起こされます。肩こりが体質化しているような患者さまは、少しでも早く当院で治療をご体験いただきたく思います。「こんなにスッキリするものなのか…」と、身も心も軽くなるのをご実感いただけるはずです。ぜひ一度、草津・大津・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院へお越しください。

肩こりを根絶するのは、決して難しいことではありません。コリを取り除くため、そして起こりにくくするための施術を行い、その後は患者さまが日常生活で簡単に実践することのできる予防法を、必要に応じてアドバイス致します。この一連の治療によって、肩こりが生じる危険性をかなり軽減することが可能です。草津・大津・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にお任せください。

草津・大津・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院では、肩こりや腰痛、膝痛にお悩みの患者さまへ事前にしっかりとカウンセリングを行い、触診・視診など各種診察を十分に行った上で、症状を根本から治療していきます。ショッピングセンター内にある整骨院なので、お買い物がてら気軽にご利用いただくことが可能です。まずは気軽にご連絡ください。

肩こりの施術が評判の整骨院

大津市のいいな鍼灸整骨院では、年間何千人という肩こりでお困りの患者様が来院されます。その多くの方が、骨格がゆがみバランスが悪く、筋肉や筋膜の負担も大きくなっています。その結果、肩こりや神経痛などといった様々な症状が現れてきます。当院独自の骨格の矯正、筋肉や筋膜へのトリガーポイント、はり治療などの施術や、プロのスポーツ選手も使用する最新の治療器などを取り入れて肩こりを根本から改善していき、大勢の方からご支持を得ています。

では、肩こりとはどういったものなのでしょうか?肩こりは、日本人の誰もが感じたことがある症状の1つで、肩こりで悩んでいる方は、年齢を問わず大勢いらっしゃいます。肩こりは、日本人に多くて欧米人には少なく、それは日本人と欧米人の筋肉量の違いだといわれています。欧米人と比べると、日本人は筋肉量が少ないので首や肩や背中の筋肉への負担が大きいため肩こりや痛みが起こりやすいと言われています。筋肉量と肩こりは関係しているのですね。
男女差でも、女性の方が肩こりで悩んでいる方が多いです。厚生労働省が2800万人の方を対象に行なった調査でも、男性は腰痛で悩まれている方が第1位ですが、女性の第1位は肩こりの症状です。その要因の1つとしても男女の筋肉量の差があります。男性に比べて女性のほうが筋肉量も少ないので、肩こりの症状も起こりやすいのです。その他の肩こりの原因としては、姿勢が悪い、同じ姿勢が長時間続く、ストレス、運動不足などがあります。猫背や前かがみの姿勢、パソコンや携帯、座りっぱなしや、立ちっぱなしでの作業など現代では動く機会が本当に少なくなっています。

このような悪い姿勢で長時間同じ姿勢を続けていると、筋肉の緊張状態が続き、血行障害を引き起こし筋肉が疲労してしまいます。さらに運動不足も加わってしまうと、ますます筋肉の負担が大きくなります。その結果、肩こりや頭痛や痛みの症状が現れます。そして、ストレスによって自律神経が乱れることも、肩こりにも大きな影響を与えます。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、シーソーのように交感神経と副交感神経のどちらかが優位になります。副交感神経が優位のときは、リラックスして血流も良く、老廃物を流し筋肉もほぐれるのですが、ストレスを強く感じているときは、交感神経が優位になり血流量が減少し筋肉も硬く、老廃物も溜まってしまい肩こりを起こしてしまいます。

人間の骨格は、大小約200個の骨から構成されていています。この骨は骨同士がネジで止めるようにくっついているのではなく、骨と骨を繋ぐように靭帯や筋肉とくっついています。そのおかげで関節などの動きの可動性を獲得することができ、人間は滑らかに、スムーズに動くことができるのです。しかし骨同士がくっついていないからこそ、使い方によってはゆがみを引き起こしてしまうのです。日常生活の姿勢や仕事の姿勢などの悪い姿勢、運動不足のよる筋力低下によって骨格がゆがみ、このゆがみによって筋肉のバランスが崩れてきます。このゆがんだ状態が長期化することによって、バランスの崩れた筋肉の特定の部分が緊張し凝り固まって、肩こりなどの様々な症状を引き起こします。
さらに硬くなった筋肉が神経や血管を圧迫してしまうと、肩こりだけではなく頭痛や痺れや自律神経の乱れなどの症状も引き起こすのです。

肩こりの改善や予防に特に大切なことは、
①骨格のゆがみを整えて筋肉のバランスを整えること
②硬くなった筋肉を緩めること
③運動やストレッチをして筋力をつけ可動域を広げること
この3つが肩こりの改善・予防には、特に大切になってきます。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内