紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

四十肩、五十肩 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

四十肩、五十肩

四十肩や五十肩という言葉を聞いたことはないでしょうか?この症状には、なんの前触れもなく突然強い痛みが発生する「急性期」と、痛みはやわらぎますが、肩の動きが制限される「慢性期」とがあります。
「急性期」では突然片側の肩周辺に、指先まで痺れるような激しい痛みが数日間~数週間続きます。
その後「慢性期」に入ると、肩が動かしづらい日が続き、痛みは鋭い痛みから鈍い痛みに変わります。

適切な処置をしていれば半年、重度の場合でも1~1年半ほどで痛みも拘縮も改善され、以前と同じように肩や腕を動かすことができるようになりますが、家事やお仕事に多大な影響が及んでしまうことも少なくありません。痛みを少しでも早く解消したい方は、ぜひ草津・大津・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院へご相談ください。

四十肩も五十肩も、加齢による肩関節(肩甲上腕関節)の腱や筋肉の変性が原因になって起こるものです。
肩関節は、肩甲骨・上腕筋・鎖骨の3つの骨が組み合わさって出来ていて、肩甲骨のくぼみに上腕骨の骨頭がはまり込んでいます。
腕をいろんな方向に動かすため、肩甲骨のくぼみとは浅くつながっています。それを強化するため、4つの筋肉が集まって筋肉群を構成し、上腕骨と肩甲骨のつながる関節をしっかりと支えています。
これらの筋肉と骨を結び付けている腱板や、骨を結び付けている靭帯、筋肉と筋肉のすき間や靭帯のすき間に炎症が起こることがあり、激しい痛みを引き起こす原因になっています。
さらに、肩関節の周囲には、関節の動きを滑らかにする滑液を作ったり、肩にかかる衝撃を吸収するクッションの働きをする関節包や肩峰下滑液包などがありますが、これらの弾力が失われ、炎症を起こすこともあります。
このような症状は日頃から肉体労働によって身体に負担がかかっている方よりも、運動不足で肩周辺を動かす機会が少ない方に起こりやすい傾向にあります。いずれにしても、そのまま自然治癒を待つよりも、肩周辺へ手技治療やストレッチングを行った方が、数カ月もの長い時間を待たずに症状が解消されやすくなりますので、草津・大津・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にお任せください。

草津・大津・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院では、臨床経験をいくつも重ねてきた施術者が患者さまのお身体へ触診・視診などの診察を行い、お一人お一人のケースに合わせた治療プランをご提案しております。当院は土日祝も診療を行っており、火曜日と金曜日以外は夜20時までご予約を承っております。四十肩・五十肩にお悩みでしたら、どのようなことでも気軽にご相談下さい。