紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

通勤中の交通事故について(労災保険) | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

通勤中の交通事故について(労災保険)

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術

通勤中の交通事故について(労災保険)

労災とは、通勤中や勤務中に起こる事故・災害のことをいいます。そのような危険に対して、国は企業へ労災保険の加入を義務付けることで、被雇用者の生活を守ってくれています。労災保険に加入している企業(ほとんどの企業が加入していると思います)にお勤めであれば、正社員の方だけでなくパートタイマーやアルバイトの方も労災による怪我や不調をご自身の負担0円で施術を受け始めることができます。さらに当院では、怪我の早期回復のために高気圧酸素カプセルも無料でご利用して頂いています。
これって労災では?と悩んだ時には交通事故・労災保険の専門のスタッフが居ますので、お気軽にご相談ください。
大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院で、施術と保険手続きを同時に進めていきましょう。

「労災保険を使うと、会社に迷惑がかかるのでは…」「会社に労災の申請って頼みづらいな…」とお考えでしたら、それは間違いです。労災保険を使わずにご自身の実費で施術を始める…これは企業にとって、労災隠しをしたと同等の問題となります。労災隠しは立派な法律違反ですし、お怪我をされた方は当然のごとく労災保険を受ける権利がございます。
労災保険には、施術費、休業している期間の給与、大きな怪我や病気への補償、後遺症への補償、介護費用、遺族への補償、葬儀費用、子供の学費などといったような様々な補償があります。
では仕事中や通勤中に怪我をしてしまった場合は、労災申請の手続きの仕方は、どうすれば良いのかお悩みではないでしょうか?まずお勤め先の労災申請の担当部署に相談してみて下さい。担当者から整骨院用の労災請求用紙など必要書類を準備して、労災の手続きを進めてくれると思います。その整骨院用の労災請求用紙をご持参の上、当院へお越しください。他には、中小企業などで労災の担当者が居られない時には、怪我をされた方が個人で労災の手続きを進めていくこともあります。その際に、多くの方がどのように申請をすれば良いのか?などのお悩みをよく聞きます。労災の申請の方法などでお悩みでしたら、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院へお気軽にご相談ください。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院は、労災指定医療機関に認定されている整骨院です。これは、お客さまに施術を行うと同時に保険手続きを代行することのできる認定ですので、お客さまには安心して施術に専念していただけます。どのようなことでも、ぜひ気軽にご相談ください。

交通事故で施術院の転院は可能なのか!?

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故で施術院の転院は可能なのか!?

交通事故施術で転院をお考えのお客さまも多いと思います。医師も人間ですので、施術方針や技術も十人十色です。お客さまの症状の解明に力を注ぐ医師もいれば、中には自説を淡々と話すだけで経過観察しかしないような医師も実際に存在します。もしも転院をお考えでしたらぜひ、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院へお越しください。

医師の整骨院に対する印象も、人それぞれです。積極的に紹介状を書いてくれる医師もいれば、整骨院への紹介状を頑なに書かないような医師もいます。交通事故施術がスムーズに進まない…とお悩みでしたら一度、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院へご相談ください。皆さまのケースに合わせて、適切なアドバイスをさせていただいております。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院は、ショッピングセンター内にある整骨院であり、臨床経験豊富な施術家が多数在籍しております。土日も夜20時まで受付を行っておりますので、お忙しい方にも気兼ねなくご来院いただくことが可能です。交通事故施術だけでなく保険手続きに関しても手厚くサポートをしてまいりますので、どのようなこともぜひ気軽にご相談ください。他の施設からの転院も随時承っております。

交通事故のケガで病院をご利用している方へ

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故のケガで病院をご利用している方へ

現在病院で受けている交通事故施術に、不安や疑問を抱かれている方はかなり多いようです。特に、レントゲンやMRI、CTなどの精密検査で原因の分からない痛みやしびれ、強張りなどの症状に対しては、湿布薬や痛み止めの処方にとどまるだけで、特に有効な施術が行われないようなケースもあります。しかし、交通事故でのケガを早く治すためには、適切な施術を適切な時期に、出来るだけ早く行うことが大事です。そんな時には、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院で、少しでも早く、お身体の状態に望ましい施術を始めましょう。

交通事故による代表的な不調に、むち打ちの症状があります。これは、事故の際に首が前後左右いずれかの方向へ強く揺さぶられ、首がS字状にうねることで、筋肉や靭帯などの組織へ損傷が起こる現象です。痛みやしびれは確かにあるのに、病院によってはリハビリすら行わない施設もあります。それでは患部の回復が遅れてしまいますので、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院で首へ適切な施術を行っていきましょう。
当院では、医療機関(病院・整形外科)との併用も出来ます。手術を必要とするような大きなケガは医療機関で施術をして頂き、その後に整骨院に来て頂いて施術するという形もありますので、お気軽にご相談して下さい。
施術はしても、ケガが完治せずに後遺障害が残ってしまうこともあります。その場合、後遺障害が残ったことに対する損害賠償を受けるための後遺障害認定の申請が必要になり、そのために後遺障害診断書が必要となります。
この後遺障害診断書は医師でないと作成できないため、必ず整形外科を受診している必要がありますので、ご注意下さい。

交通事故によるケガの施術は、病院・整形外科もしくは接骨院や接骨院のどこかで施術をうけるのが一般的です。しかしながら、湿布や薬、電気だけなど、施術内容に満足できなかったり、都合が合いにくかったりすることもありえます。
そういった場合に医療機関や他の接骨院から当院に移ることはみなさまの自由ですので、いいな鍼灸整骨院にご相談ください。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院はショッピングセンター内にある整骨院で、交通事故施術やスポーツ障害施術に特化しております。臨床経験豊富な施術家が、事前にしっかりとカウンセリングを行い、お一人お一人に最適な施術プランをご提案していきます。病院からの転院に関するご相談も随時承っておりますので、いつでも気軽にご連絡ください。

交通事故の気になる相談は専門家にお任せ下さい

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故の気になる相談は専門家にお任せ下さい

現在受けている交通事故施術に不安を抱いていたり、保険請求に関して疑問を抱いてはいませんか?いつまで経っても湿布薬や痛み止めの処方しかされないようでは、患部の回復が遅れるばかりか、最悪、後遺障害として不調が根づいてしまうケースもあります。また、後になってお客さまに望ましい補償がなされないようなケースも有りますので、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にご相談して頂ければ、施術と保険手続きを同時にスムーズに進めていくことが可能です。

もしも現在、交通事故による怪我や不調の施術で、病院へ2週間おきに経過観察で通院されているようでしたら、お客さまが思うような補償が受けられなくなる可能性があることを覚えておいてください。自賠責保険の慰謝料は日額一律4,200円で、これに総施術期間と実施術日数×2の少ない方の数をかけて計算し、支払われます。経過観察ばかりですと、お客さまの損害に見合った補償が受けられなくなるだけでなく、怪我に対して根本的な施術が行われない状態が続いてしまいます。ぜひ一度、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にご相談ください。

みなさんは、ご自身がごのような保険に加入しているかご存知でしょうか?若い方の場合ですと任意保険煮には加入せずに自賠責保険だけということも多いものです。しかしこの保険は他人を死傷させたような人身事故による損害についてのみ支払われ、物損事故に対しては支払われません。しかも自分がケガした場合には一切保障されません。そんな自賠責保険の不足分をカバーするのが「任意保険」です。
交通事故が起きてしまった場合、つらい思いをするのは被害者の家族だけではありません。加害者本人やその家族の方々もどれほどつらい立場に立つのか考えてみましょう。お金がすべてではありませんが、それでも救われることはたくさんあるのではないでしょうか?
また、保険を使って施術していても、約3~6ヶ月の一定期間が経過すると、まだ施術中でも保険会社の方から「施術費の打ち切り」の連絡が来ることがあります。こんな場合はどうしたらいいのかなども、ぜひ当院にご相談下さい。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院は、交通事故施術に特化している整骨院です。施術のご相談はもちろん、保険手続き・請求に関するご相談や、病院や整形外科からの転院に関するご相談を幅広く承っております。どのようなことも気軽にお申し付けください。

交通事故の慰謝料について

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故の慰謝料について

慰謝料とは、交通事故による怪我によって被害者の方が受ける、肉体的・精神的な苦痛に対して支払われる賠償のことをいいます。事故保険には「自賠責保険」と「任意保険」がありますが、被害者を救済するための補償である自賠責保険は、被害に遭われた方が必ず受けることのできる賠償ですので、ぜひ適切な慰謝料を請求していきましょう。大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にご相談ください。

自賠責保険による慰謝料は、どのような方でも日額4,200円と定められています。この日額に対し、総施術期間か、実施術日数×2の少ない数の日数をかけて計算し、慰謝料が支払われますので、たとえば病院で経過観察しか行われない場合ですと、実施術日数が少なくなり、お客さまの損害に見合った慰謝料が支払われない可能性が出てきます。痛みがあるのに我慢をして通院していない場合にも、慰謝料が少なくなってしまうことになりかねません。施術を十分に受けることで怪我が回復し、さらに適正な慰謝料も受け取ることができるように定められているわけです。ですので、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院でお身体へ密に施術を継続していかれるのが理想的です。

病院だけではなく、整骨院でも通院施術を受けることはお客様に選択権があります。
捻挫・打撲・挫傷などの外傷施術であれば、お客様の意思で整骨院を利用することが自賠責で認められており、施術を受けることができます。保険会社や病院の医師は、基本的にこの権利を侵害することはできません。
整骨院へ通院する為には、病院で検査を受けてから、捻挫や打撲、挫傷などの傷病名が書かれた診断書を医師に発行してもらうことが必要です。診断書に記載されている傷病(怪我の箇所)に対する施術を、相手方保険会社が補償する形で受けることができるということです。
とはいえ、交通事故施術の流れや手続きは難しいと思います。また、相手保険会社からの連絡も、意外と言い方がきつかったりする場合もあるようです。そんな時は、お気軽に当院にご相談ください。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院は、交通事故施術に特化している整骨院です。事故による骨折や打撲、捻挫などの怪我をはじめ、精密検査でも原因の分からない不調に対しても多角的な施術を行ってまいります。施術費や慰謝料の請求手続きもお客さまに代わって行っていきますので、施術に専念したいという方はぜひ当院へお越しください。

交通事故の保険=自賠責保険

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故の保険=自賠責保険

自賠責保険とは、交通事故の被害に遭われた方に支払われる補償です。車やバイクを運転する際に必ず加入しなくてはならない保険ですので、事故の被害に遭われた方はご自身の実費負担なく施術を受け始めることが可能です。しかし、施術費はかからなくても慰謝料や休業補償はどうなるのか、ご不安に思われるお客さまも少なくありません。大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院で、全ての保険手続きを円満に進めてまいりましょう。

自賠責保険と任意保険の違いをご存知でしょうか?
自賠責保険は自動車損害賠償責任保険といい、ナンバーの付いた車やバイクであれば、所有者の意思に関係なく加入する義務がある保険です。そのため「強制保険」とも呼ばれています。自賠責保険に加入せずに自動車を運転すると「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」「免許停止処分(違反点数6点)」、自賠責保険証明書を車に備え付けていない場合は「30万円以下の罰金」という処分が下されます。 しかし交通事故による人身被害を救済する保険のため、物損事故では保険金が支払われませんし、人身被害で支払われる保険金の限度額はあらかじめ決まっています。その金額を超えた場合は自己負担となります。また、事故の示談交渉はずべて自分で行わなければいけません。

任意保険は、皆さんがご自身で入っている保険のことを言います。例えばソニー損保さんやアクサダイレクトさんのような保険ですね。
こちらは加入する義務はなく、車の所有者やドライバーさんが自由意思で契約します。契約内容で多少違いはありますが、対人賠償保険(相手方への補償)、対物賠償保険(相手方への補償)、人身傷害補償保険(自分・搭乗者への補償)、搭乗者傷害保険(自分・搭乗者への補償)、無保険車傷害保険(自分・搭乗者への補償)、自損事故保険(自分・搭乗者への補償)、車両保険(車への補償)などが補償の範囲になります。
また、保険金限度額や補償内容を選んで契約することが出来ますし、加害者(被害者)に代わって、保険会社が示談交渉を代行するサービスもあります。

特に自賠責保険からは、施術費や看護費、通院にかかる交通費や慰謝料などの補償が支払われます。この中でも特に注目したいのが慰謝料で、これは日額4,200円に実施術日数×2、もしくは総施術期間の少ない方の日数をかけて計算し、支払われます。施術期間内に、湿布薬や痛み止めの定期的な処方しかされなかった場合、お客さまが期待していたほどの補償を受けることができないケースもございますので、可能であれば大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院で密な施術を継続するのが理想的です。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院は臨床経験豊富な施術家が在籍しており、交通事故による怪我や不調にお悩みのお客さまへ適切な施術と保険手続きを行ってまいります。自賠責保険も任意保険も、当院のスタッフが手続きを代行し、お客さまにとって望ましい補償がなされるよう全面的にサポートしてまいります。まずは気軽にご連絡ください。

くも膜下出血と頭痛

2018.10.11 | Category: 頭痛

数回に分けてくも膜下出血についてお話ししています。今回は施術法等についてお話ししたいと思います。

例えば、最初は頭痛だけで発症した人が、様子を見ている間に再出血を起こし、後遺症を残してしまうという場合もあります。そのため、くも膜下出血を発症したときには、安静にして再出血を起こさないようにすることが重要です。
そして、再出血する前にこぶ内の血流を遮断して、二度と出血しないように施術することが必要となります。生死を分ける重要なポイントとして覚えておきましょう。

現在、脳動脈瘤の施術法には二通りあります。1つは開頭手術と言って、頭を開けてこぶの根元を金属のクリップでつまんで出血しないようにする方法です。もう一つは、血管内施術と言って、カテーテルを脳の血管まで通してこぶの中に小さなコイルを詰めて、中を塞いでしまう方法です。これらはお客の状態、こぶの場所、形などを考慮して選択されます。

くも膜下出血は非常に重症の病気です。発症した人の3人に1人は命を落とし、3人に1人は後遺症が残ります。社会復帰できるのは、残りの3分の1のみといわれています。そのため、くも膜下出血を発症した場合には、なるべく早期に施術を始めることが不可欠です。

自宅で腹筋ストレッチ

2018.08.15 | Category: ゆがみ,腰痛

今回のストレッチは、腹筋や腹深部を鍛えるものです。これは自宅で行う腹筋トレーニングの中でも最もベーシックなものの一つで、場所をとらず、床に座ったまま出来るので、テレビを見ながらでも行えます。お腹の正面にある腹直筋だけでなく、お腹の深部にあり股関節屈曲(股関節を曲げて太ももを持ち上げる)作用のある腸腰筋も同時に鍛えることができます。

①床に座り、手も床につきます。膝を軽く曲げて、かかとが床につく手前で止めます。この時に背中は丸めず、少し反らすようにして腹筋を少し伸ばします。

②股関節を支点にして脚だけを持ち上げるのではなく、みぞおちを中心に体幹(脊柱)を丸めていきます。膝を頭頂部に近づけると体幹を丸めやすくなります。腹直筋は肋骨の下部に付着している筋肉なので、息を吐いて肋骨を引き下げながら脚を上げると効果的です。

これは床の上で行なっていますが、イスなどに座って行うことで脚を深く下ろせるようになり、広い稼動域で腹直筋をストレッチできるようになります。行う際はイスに浅く座り、左右の手でイスの両サイドを掴みましょう。この時に深く座りすぎると背中を丸めにくくなってしまいますので注意しましょう。

自宅で上半身のストレッチ

2018.08.15 | Category: ゆがみ,肩痛

「筋トレはしたいけど、ジムに通うのもなぁ」と思っている人も多いのではないでしょうか?そんな人は自宅でトレーニングを実施しましょう。正しく行えば、家にいながら十分な筋トレ効果が得られます。

●プッシュアップ
胸・肩・腕の裏を鍛える上半身のストレッチです。なじみのある言い方をすると「腕立て伏せ」のことです。生ではもちろんですが肩関節を動かす大胸筋や肩から腕についている三角筋、腕の裏側にある上腕三頭筋も鍛えられます。

①床に手を着く場所を肩幅の1.5倍程度とり、体全体が一直線になるようにキープします。その時にお尻が落ちないよう注意しましょう。
この時に手の幅が狭いと、腕の裏側には効いても、メインの大胸筋には効かなくなってしまいますので、広めにとりましょう。

②体のラインを一直線にキープしたまま、アゴが床につくぐらい(またはつきそうなくらい)まで、ゆっくりと深く下ろして、そのまま持ち上げる。
注意点としては、下ろし方が浅いと筋トレの効果は低下してしまいます。また、お尻が落ちても同様ですので、それぞれ意識して行いましょう。

基本のフォームがキツくて出来ない場合は、膝をつけて行うことで負荷を軽くすることができます。

くも膜下出血の症状と頭痛

2018.08.14 | Category: 頭痛

前回から、くも膜下出血についてお話ししています。前回はどのような方に発症しやすいのかについてお話ししました。今回はどのような症状が現れるのかについてお話ししていきたいと思います。

くも膜下出血の危険因子として高血圧、喫煙、多量の飲酒、遺伝などがいわれています。
こぶができただけでは、症状がないことがほとんどで、そのため知らないうちに大きくなり、くも膜下出血を起こして初めてこぶの存在に気づく場合もあります。

症状として典型的なのは、頭をバットで殴られたような突然の激しい頭痛で発症します。
特徴は、「何時何分何秒から始まった」と言えるくらい突然で、これまで経験したことのないような強い頭痛であることです。吐き気があったり、実際に吐いてしまうこともあります。ひどいと、頭痛の直後に意識を失ったり、その直後に命を落とす場合もあります。
このような症状の重さの違いはこぶが破裂した時の出血量の違いによって生じます。こぶが破裂すると、一旦はこぶの表面にかさぶたができて、出血が止まります。しかし、再び血圧が上がると、かさぶたが剥がれて再出血します。再出血を繰り返すと、おのずと出血量が多くなり、脳への圧迫が強くなって症状が重くなります。