紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

バレーボール治療

バレーボール治療に効果が感じられないとお悩みではありませんか?バレーボールは体全体を最大限に使って行われるスポーツですので、筋肉や関節、骨格へ知らず知らずのうちに負担がかかってしまいやすい傾向があります。もしも今受けている治療から手ごたえを得ることができないようであれば、ぜひ一度、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院へお越しください。

バレーボールをされている方に多いケガは、足首捻挫、前十字靭帯損傷、オスグット・シュラッター病、ジャンパー膝、突き指などがあげられます。
オスグット・シュラッター病は、膝の下の骨の出っ張り(脛骨結節)がさらに突出し、痛みや腫れが生じます。走る・飛ぶ・蹴る・しゃがんで立つ・階段の昇り降りなどの動作中や動作後に脛骨結節に限られた痛みや違和感があります。この症状は成長期の10~15歳くらいのスポーツをするこどもに多くみられます。
原因としては、大腿四頭筋などの収縮による力が、脛骨結節に繰り返し加わって、骨の成長部分に剥離やひび、炎症を起こすと考えられます。筋肉は使うと縮みます。そしてそのまま放置しておくと緊張状態が続きいて固くなっていき、オスグッド・シュラッター病を引き起こします。
ですので、スポーツごにはストレッチをして縮んだ筋肉を伸ばしてあげる必要があるんです。しかし疲れている上にめんどくささもあり、ストレッチをしない子が多いのが現状です。そんなときには、当院へ是非お越しください!

バレーボール治療では、痛みやしびれのある患部だけを治療するのではなく、お身体全体のバランスや異変を整えて、総合的に怪我や不調の起こりにくい身体づくりを目指していく必要があります。なぜなら、たとえ症状のある場所だけを治しても、その不調が起こった原因が他の部位にある場合には、再発してしまう危険性を拭うことができないためです。大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院のバレーボール治療で、怪我や不調に強い身体を作りましょう。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院では、怪我や不調に悩まれている患者さまへ治療前にカウンセリングを行い、触診や視診をさせていただいた上で、お一人お一人へ望ましいバレーボール治療プランをご提案しております。当院はスポーツ障害の治療に特化しており、なおかつ土日祝も診療を行っておりますので、お忙しい方にも気兼ねなくご利用いただけます。まずは気軽にご連絡ください。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内