紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

テニス施術 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

テニス施術

テニス施術とは、テニスをプレーする中で起こる慢性的な不調に対して行う専門施術のことを言います。テニスでは、肩や腕、肘に負担がかかりやすいだけでなく、足腰にも知らず知らずのうちに負担がかかりやすい傾向にありますので、ある日突然ということはなくても、いつの間にか痛みやしびれが根づいていたという場合が多くあります。大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院で行っているテニス施術で、不調を速やかに取り除いていきましょう。

テニス施術に多いのが「テニス肘」という肘の不調です。これは、肩とひじの間にある上腕骨の外側上顆という部分には、手首を上に反らす(手の甲にほうに引っ張る)筋肉がついており、手首や指の使いすぎが原因でこの部分に炎症が起こります。
テニスプレーヤー、とくに中高年でテニスを始めた方の発生頻度が多くなっています。テニスに限らず、手首・腕を多く使う職業の方にもみられます。手首を反らす際の伸筋群への負担が大きいと起こりやすいです。

症状としては、肘の外側を押さえると痛みがでて、手首を反らした際にも同じ場所に痛みを感じます。痛みにより、ドアノブを回したり雑巾を絞ったりする動作にも支障が出ます。
上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)という症状であり、物をねじるような動作をしたり、何かを持ち上げる際に肘の外側が痛むという特徴がみられます。安静時に痛みは感じませんが、場合によっては夜間痛が起こるケースもありますので、少しでも早く適切な施術を受けていただくのが理想的です。

肘以外にも、ふくらはぎの肉離れ(テニスレッグ)が起こりやすいケガになります。
これは、30代以降のスポーツ愛好家に多くみられる筋肉の損傷で、いわゆるふくらはぎは、主に腓腹筋のことを意味し、医学的には腓腹筋挫傷や腓腹筋断裂と云われます。
テニスプレー中に多く起こることからテニスレッグと呼ばれることもありますが、それ以外でも野球あるいはフットサルなどで、走る、飛ぶ、跳ねる、ステップするなどの瞬発的動作の際にふくらはぎの筋肉が強く伸張されるスポーツでよく見られます。また、野球のボールが当たったり、サッカーや格闘技でふくらはぎを蹴られるなどの打撲が原因でも起こる場合があります。

スポーツばかりでなく、日常動作の中で少し高い段差から飛び降りたり、急いで走り出したりした瞬間、脚がつったときに無理に脚を動かしたときなども起こることがありますので、そんな時は大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にお任せください。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院では、テニスによって起こる慢性的な不調に対して、触診や視診、カウンセリングによって原因特定を行い、お一人お一人の身体に合わせたテニス施術を施していきます。当院では、厚生労働省認定の国家資格を有する施術家が皆さまの施術を担当致しますので、回復まで安心して通院していただけます。いつでも気軽にご相談ください。