紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

スポーツ障害 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

スポーツ障害

スポーツ障害にお悩みではありませんか。肘や肩の痛み、強張り、足腰の痛みやしびれなど、取り組まれているスポーツによって不調が現れやすい部位が変わってきますので、それが起こった原因を正しく把握し、お身体の状態に適切な施術を施さなくてはなりません。スポーツ障害の施術は、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にお任せください。

スポーツ障害には「野球肩」「テニス肘」「ジャンパー膝」のようにいろいろな種類があります。その中でも、スポーツをしているこどもに起こりやすいものが、「使いすぎ症候群」というものです。あまり耳にしたことがない方が多いのではないでしょうか?
これは筋肉の使い過ぎなどによって炎症を起こし、痛みを感じるようになるもので、運動を続けることで起こります。
筋・筋膜性腰痛、腱炎、軟骨の摩耗や剥離、コンパートメント症候群、疲労骨折などが起こります。こどもはリトルリーグショルダーやオスグット・シュラッター病などが起こります。

こどもの過度な運動で特に注意して頂きたいもので、練習量が急に増えたり、成長によって体型が変わったり、ケガが完治していないのに練習を再開した場合などでも起こります。大人になってからも後遺症として残ることがありますので、適切な施術が必要になります。

部位別の起こりやすい症状
・肩  →リトルリーグショルダー、インピンジメント症候群、腱板腱炎
・肘  →ゴルフ肘、テニス肘、野球肘
・手や腕→腱鞘炎、屈筋腱炎
・腰  →筋・筋膜性腰痛、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症
・股関節→恥骨骨炎
・膝  →膝半月板損傷、膝靭帯損傷、オスグット・シュラッター病、離断性骨軟骨炎、膝蓋靭帯炎、滑液包炎
・足や脚→疲労骨折、アキレス腱炎、コンパートメント症候群

このようにスポーツをしていると様々な事が起こりますが、問題はなぜ、その部位に負荷がかかり続けたのかという点です。骨格にゆがみやズレがある場合には、プレー中に身体へのアンバランスな負担がかかりやすく、慢性的な不調が引き起こされやすい傾向にあります。大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院で痛みやしびれを和らげながら、不調の原因となる骨格のゆがみを整えていきましょう。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院では、スポーツ障害の施術に長けている施術者がお客さまへ事前にしっかりとカウンセリングを行い、触診や視診を十分に行った上でお一人お一人へ最適な施術プランをご提案しております。他の施術院で解消されなかった不調も、当院へご相談ください。これまで重ねてきた臨床経験を駆使して、皆さまのお辛い症状を短期解消してまいります。