紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

交通事故の届け出は必ず出しましょう! | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 2017 12月の記事一覧

交通事故の届け出は必ず出しましょう!

2017.12.31 | Category: 交通事故・むち打ち施術

今回も前回の続きの交通事故・むち打ちにあったときの対応についてご説明させて頂きますね。
前回、交通事故にあった場合には事故現場の状況をしっかりと確かめる事。そして加害車両のナンバーや車種、色、特徴、加害者の身分証や車検証、自賠責保険や任意保険の加入保険の確認などをすることをお伝えしました。
加害者の車や身分、保険を確認できたら、警察へ届け出をしましょう。交通事故の届け出を警察へ出しておけば、交通事故証明書を発行してもらえます。交通事故証明書は保険金の請求手続きなどで必要となってきますので必ず交通事故があった際には警察へ届け出をしましょう。
交通事故の届け出がされないケース
①軽い交通事故やむち打ちの場合
②加害者に頼まれた場合
③被害者が面倒くさくなる場合
このような3つのケースが警察へ交通事故の届け出をされないケースです。しかし後になって怪我の状態がひどくなったり、損害賠償などで揉めることも多々あります。そうすると被害者側が交通事故が起こったことや、自身が被害者であることを証明することが難しくなってきます。そうならないためにも、交通事故が起こった時には速やかに警察へ事故を届け出で交通事故証明書を発行してもらいましょう。
本来、加害者は交通事故を起こした際には、近くの警察へ事故の内容を届け出る義務があるのですが、加害者が怪我の場合もあるので、そういった場合には代わりに被害者が届け出を行なっても良いとなっています。

交通事故で確かめておくポイント

2017.12.30 | Category: 交通事故・むち打ち施術

今回は、もしも交通事故やむち打ちにあったときには、しなければいけない事がたくさんあります。初めての事ばかりでしょうが、一つ一つポイントをご説明させて頂きますね。
交通事故の被害者になったときには一体何をすればよいのでしょう?落ち着いて周りの状況を確認して、冷静に対応しましょう。
交通事故の事故現場では、交通事故の届け出は必ず出しましょう!おきましょう。自動車を運転しているときに交通事故にあった場合には、運転をやめて自分の負傷や相手の負傷の様子を確認し、車の損傷などを確かめましょう。
救助者がいる場合には、すぐに救助活動や救急に連絡をしましょう。
交通事故の場合には、どちらの方がどの程度悪かったのかという事が問題になりますので、警察が来るまで事故現場の状況はできるだけそのままにしておく事が大切です。しかし交通事故を起こした車が他の車の通行の妨げとなったり、危険になるようなときには、被害者・加害者がお互いの車の位置や事故の状況をよく確認してから安全な位置へ移動しましょう。

次に加害者と加害者の車を確かめましょう。
加害車両のナンバー、車種、色、特徴などをメモしておきましょう。
加害者本人を確認できる身分証や運転免許証を見してもらい、本籍や住所、名前、勤務先、電話番号などを確認しましょう。
加害車両の車検証、自賠責保険証、任意保険証を確認し、車の所有者や保険の内容、契約先の保険会社を確かめましょう。
次回は「交通事故・むち打ちにあったら」の届け出についてご説明させて頂きますね。

交通事故にあったら、するべき事

2017.12.28 | Category: 交通事故・むち打ち施術

今回からは、交通事故やむち打ちなどについて色々とご説明していきたいと思います。
みなさんは、交通事故が自分にも起こるかもしれないと意識されていますか?ほとんどの方は、交通事故やむち打ちが自分にも起こるかもなど意識せずに毎日を過ごされいます。しかし交通事故を起こし加害者になったり、むち打ちなどの被害者になったりと誰でも交通事故に遭うおそれがあることを意識しましょう。
では、もしも交通事故にあったときにはどのような事をしなければいけないのでしょう?被害者がしなければいけない事、加害者がしなければいけない事は色々とあります。初めての事故では気が動転してしまうことも多々ありますので、交通事故にあう前に事故の事を知っておくことが大切です。
では、まず交通事故の大きな流れについてご説明しますね。
まず交通事故が起こった際には、事故現場の確認を行いましょう。ケガ人などの緊急措置や被害者・加害者車両の確認をして警察へ通報します。
その後保険会社にも事故の報告をしましょう。
そして示談交渉の結果示談成立なら解決となります。
示談が不成立なら調停や裁判となります。
解決後、慰謝料や賠償金などを受け取ります。
このような内容が、交通事故にあわれた際の大きな流れとなります。
次回は、さまざま事をもっと詳しく説明していきますね。