紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

自己免疫疾患とは? | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 肩痛,膝痛,足痛 > 自己免疫疾患とは?

自己免疫疾患とは?

2017.05.14 | Category: 肩痛,膝痛,足痛

前回は自己免疫疾患である関節リウマチがなぜ起きるのかについてお話しました。今回もリウマチのメカニズムをもう少し詳しくお話していきますね。

 

この病気は、おもに手足の関節に痛みや腫れといった炎症症状が現れます。これが長年続くと、関節の破壊・変形が起こってしまいます。

なぜ自己免疫疾患が起こるのかは、まだ正確にはわかっていません。遺伝的な体質もある程度は関係していると考えられますが、親子共に関節リウマチを発症する確率はそれほど高くありません。生まれつきの体質以外のにも生活環境から受ける要因が複雑に関係していると考えられています。

 

また、ストレスが引き金になるケースもあります。

心理的・肉体的に強いストレスが続いた後に、発症するというケースがあります。これはストレスの影響で、免疫の働きな異常を引き起こす可能性があるからです。

他にも妊娠・出産・更年期といった、ホルモンの分泌が大きく変化する時に発症しやすいということも言われています。

関節リウマチのお客数は、男性より女性の方が3倍ほど多いとされており、こうした要因も関係しているのかもしれません。

 

次回も、特徴的な症状などもう少しリウマチについてお話しますね。