紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

関節の痛みの原因 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 肩痛,膝痛,足痛 > 関節の痛みの原因

関節の痛みの原因

2017.05.14 | Category: 肩痛,膝痛,足痛

ある日突然、関節が痛み出したらビックリしますよね。これといって痛めた訳でもなく、何かに感染した訳でもないのに関節に炎症が起こったら、それは「関節リウマチ」かもしれません。

 

この関節リウマチは、10年程前までは「慢性関節リウマチ」という病名でした。しかし必ずしも慢性ではないことや、「いつまでも治らない病気」というイメージを持たれないようにしたいなどの理由から、「慢性」という部分が消えました。

 

では、関節リウマチとはどのような病気なのでしょうか?

簡単に言うと、関節が炎症に起きる病気です。しかし通常の炎症は、病原菌が体に入り込んで起こるものです。そしてその病原菌が退治されれば炎症は治って病気は治ります。人間のからだには、このような病原菌を退治する「免疫」の働きが備わっています。

ところがこの病気では、病原菌が存在しないのに炎症が起きます。自分のからだを外敵から守るはずの「免疫」が、どうゆうわけか自分のからだを攻撃するようになってしまうために炎症が起こると考えられています。

このような病気は「自己免疫疾患」といいます。

この他にも、一部の臓器に症状のあらわれる「臓器特異性自己免疫疾患」(慢性胃炎、ギラン・バレー症候群等)というものもあります。