紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

自律神経と首や肩のこり | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 肩痛,膝痛,足痛 > 自律神経と首や肩のこり

自律神経と首や肩のこり

2017.05.14 | Category: 肩痛,膝痛,足痛

前回は長時間同じ姿勢や悪い姿勢、運動不足によって筋肉の緊張は強くなってしまい、その結果血流が悪くなり筋肉に酸素などの栄養がいきわたりにくくなってしまい痛みがでてしまうということをお伝えしましたが、その他にも原因があります。それはストレスです。ストレスは自律神経に大きな影響を及ぼしますので、その結果首や肩こり背中の痛みに大きくかかわってきます。

自律神経とは交感神経と副交感神経というものがあり、交感神経と副交感神経の2つで自律神経と言います。

興奮しているときには交感神経が優位になり血管を収縮し筋肉は緊張します。筋肉が緊張することで血管が収縮して血流量が少なくなり、筋肉に酸素などの栄養が行きわたらなくなり乳酸などの疲労物質が増えてしまい筋肉に炎症が起き痛みを感じてしまいます。これらの原因はデスクワークや運転や立ち仕事の方にとっては、なかなか防ぎようのない原因になってきます。

リラックスしているときは副交感神経が優位になり血管を拡張し筋肉は緩みます。食後などリラックスしているときには血管が拡張して血流量が増え消化吸収を促進します。筋肉で言えば血流量が増えて酸素などの栄養が行きわたり老廃物などをながして回復し筋肉は緩みます。