紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛・膝痛予防には骨が大事 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 腰痛,膝痛 > 腰痛・膝痛予防には骨が大事

腰痛・膝痛予防には骨が大事

2017.05.13 | Category: 腰痛,膝痛

前回までは、骨の老化がどのように怖いのかについてお話してきました。今回は骨について詳しくお話していきます。

骨は体を支える大黒柱のようなもので、これがゆがむと首が痛くなったり、腰痛・膝痛の原因にもなりますので、大切ですよ!

 

そもそも骨にはどんな役割があるのでしょうか?思いつくものは「からだを支えて、姿勢を保つもの」「脳や内臓を衝撃から守る」「筋肉が付くところ」「血液をつくるところ」などではないでしょうか?

意外と知られていない役割として、「カルシウムを貯蔵する役割」があります。カルシウムはからだにはなくてはならないもので、骨がそれを蓄えているのです。

人間の体は、血液中に必要なカルシウムが不足してくると、骨に蓄えられているカルシウムが血液中に放出される仕組みになっています。つまり栄養不足で食事からとるが少ないと血液のカルシウム濃度が低下し、体は骨を溶かしてでも血中のカルシウム濃度を上げようとするのです。

ということは無理なダイエットや減量を長時間続ければ、骨はどんどん溶けていってしまいます。また痩せて筋力が落ちることも骨量低下の原因になるので要注意です!

食生活の乱れは、将来にわたって骨の健康を損ねてしまいますので、お気を付け下さい。