紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛の原因は進化の過程? | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ゆがみ,腰痛 > 腰痛の原因は進化の過程?

腰痛の原因は進化の過程?

2017.05.07 | Category: ゆがみ,腰痛

前回まででおおまかな腰の構造や神経の説明をさせて頂きましたので、今回はなぜ腰痛は起こるのでしょう?の原因についてご説明していきます。

国民生活基礎調査というものがあるのはご存知ですか?厚生労働省が実施している調査で、その調査においてもっとも自覚症状が多いのが腰痛です。男性の自覚症状1位が腰痛、女性の自覚症状2位が腰痛になります。

その根本的な原因として、人間は直立二足歩行で生活することがあげられます。

かつては人類の祖先も他の脊椎動物と同様に四つん這いで歩いていましたが、進化の過程で二足歩行となりこの時に腰の負担を抱え込むこととなったのです。私たちの骨格はその当時から現在に至るまでほとんど進化のしていませんので、四足歩行に適した骨格のまま二足歩行を行なっているので、やはり無理があるのです。そのために腰痛は人類の宿命と言われているのです。

そして廊下も腰痛の大きな要因といえます。年齢を重ねていくとクッションの役割を果たす椎間板や関節軟骨などの柔軟性がなくなっていきすり減っていきます。こうなってしまうと衝撃を十分に吸収できずに痛みが発生します。二足歩行とも老化も人類にはの宿命ですが、生活習慣の見直しなどで痛みを和らげることはできますので、軽度なうちに改善していくようにしましょう。