紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

自宅で上半身のストレッチ | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ゆがみ,肩痛 > 自宅で上半身のストレッチ

自宅で上半身のストレッチ

2018.08.15 | Category: ゆがみ,肩痛

「筋トレはしたいけど、ジムに通うのもなぁ」と思っている人も多いのではないでしょうか?そんな人は自宅でトレーニングを実施しましょう。正しく行えば、家にいながら十分な筋トレ効果が得られます。

●プッシュアップ
胸・肩・腕の裏を鍛える上半身のストレッチです。なじみのある言い方をすると「腕立て伏せ」のことです。生ではもちろんですが肩関節を動かす大胸筋や肩から腕についている三角筋、腕の裏側にある上腕三頭筋も鍛えられます。

①床に手を着く場所を肩幅の1.5倍程度とり、体全体が一直線になるようにキープします。その時にお尻が落ちないよう注意しましょう。
この時に手の幅が狭いと、腕の裏側には効いても、メインの大胸筋には効かなくなってしまいますので、広めにとりましょう。

②体のラインを一直線にキープしたまま、アゴが床につくぐらい(またはつきそうなくらい)まで、ゆっくりと深く下ろして、そのまま持ち上げる。
注意点としては、下ろし方が浅いと筋トレの効果は低下してしまいます。また、お尻が落ちても同様ですので、それぞれ意識して行いましょう。

基本のフォームがキツくて出来ない場合は、膝をつけて行うことで負荷を軽くすることができます。