紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

草津・瀬田 くも膜下出血と頭痛 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 頭痛 > 草津・瀬田 くも膜下出血と頭痛

草津・瀬田 くも膜下出血と頭痛

2018.10.11 | Category: 頭痛

数回に分けてくも膜下出血についてお話ししています。今回は治療法等についてお話ししたいと思います。

例えば、最初は頭痛だけで発症した人が、様子を見ている間に再出血を起こし、後遺症を残してしまうという場合もあります。そのため、くも膜下出血を発症したときには、安静にして再出血を起こさないようにすることが重要です。
そして、再出血する前にこぶ内の血流を遮断して、二度と出血しないように治療することが必要となります。生死を分ける重要なポイントとして覚えておきましょう。

現在、脳動脈瘤の治療法には二通りあります。1つは開頭手術と言って、頭を開けてこぶの根元を金属のクリップでつまんで出血しないようにする方法です。もう一つは、血管内治療と言って、カテーテルを脳の血管まで通してこぶの中に小さなコイルを詰めて、中を塞いでしまう方法です。これらは患者の状態、こぶの場所、形などを考慮して選択されます。

くも膜下出血は非常に重症の病気です。発症した人の3人に1人は命を落とし、3人に1人は後遺症が残ります。社会復帰できるのは、残りの3分の1のみといわれています。そのため、くも膜下出血を発症した場合には、なるべく早期に治療を始めることが不可欠です。