紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 未分類 > 大津・石山 大腸ガンと腰痛

大津・石山 大腸ガンと腰痛

2018.07.22 | Category: 未分類

第二の脳とも呼ばれる大腸に多い「大腸ガン」が増えています。
原因は食生活の欧米化や食物繊維不足が考えられます。
そのほかの危険因子としては、やはり全部のがんにいえる「喫煙」と「飲酒」です。タバコは発がん性物質を体に取り込むため、吸わない人に比べると約7倍大腸がんになりやすいと言う報告があります。
また、日本人は欧米人に比べてアルコールの影響受けてがんになりやすいと言うデータもあります。このほか「デスクワークの多い人が大腸がんになりやすい」など、運動不足や肥満も大腸がんの原因に挙げられています。

大腸ポリープは良性でも1センチを超えてくると、がんが生じてくる危険性が高くなるため、良性のうちから治療が必要です。
大腸がんは早期発見すれば、治癒の可能性が高いがんです。血便、便秘の悪化、それに伴う便秘と下痢の繰り返しなど、大腸がんを疑う症状があった場合に適切な検査を受ける事はもちろんですが、より早期に発見するためには、大腸がん検診を定期的に受けることが大切です。

大腸がん検診は通常、愛で見えない程度の菊池が混じっていないかを検出する便潜血検査が行われます。2回検査を行い、1回でも陽性であれば、次の段階の大腸内視鏡検査を受けます。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内