紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 腰痛,膝痛,足痛 > 草津・瀬田 下半身の痛み 神経痛

草津・瀬田 下半身の痛み 神経痛

2018.06.11 | Category: 腰痛,膝痛,足痛

前回からお話している神経痛。ただの膝痛だと思っていたら神経痛だったなんてこともありますので、ご注意下さい。

前回、神経痛のほとんどは3つに分けられるとお話しました。今回はその続きからです。

●三叉神経痛
顔の片側に起こる激痛発作が特徴で、50歳以降に発症することが多い病気です。その痛みは「電気が走るよう」「針で刺されたよう」な痛みと表現される激痛です。
ただ、持続時間は数秒から30秒ほどで、発作の頻度も月に数回から、長い時には10年以上痛みがない時もあります。
発作のきっかけは、食事・会話・洗顔・歯磨き・髭剃り・風に当たるなど、日常の中のわずかな刺激で誘発されることがあります。特に唇、歯肉、頬などへの刺激がきっかけとなることが多いとされています。
これまでは原因不明のケースが多かったのですが、最近では動脈硬化などによって小血管が三叉神経を圧迫することが原因の1つとされています。まれに腫瘍・動脈瘤などが原因の場合もあるため、検査では頭部CTやMRIなどでそれらの有無も調べます。
治療法は、薬物療法や局所麻酔薬を使った神経ブロックなどが通常行われます。ただし、難治性の場合は、微小血管減圧術などの手術を行うこともあります。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内