紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

交通事故での保険の種類 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術 > 交通事故での保険の種類

交通事故での保険の種類

2018.04.01 | Category: 交通事故・むち打ち施術

今回も前回の続きの「交通事故での保険の種類」の保険の内容についてご説明していきますね。
対人賠償保険、自損事故保険特約、無保険者保険特約については以前ご説明しましたね。
では今回は、対物賠償保険についてです。
対物賠償保険とは、交通事故で他人の物を損傷させたときに、その損害を補てんしてくれる保険です。
対物賠償保険で一つ注意点があります。
複数の被害者の物に損害を与えたケースでは、損害額の合計が契約額を超えることはできません。

例えば、車を運転中に前の車に追突してしまって加害者となったとします。前の車の運転者や同乗者3人は、むち打ちのケガをしてしまい、自分の車は追突した反動で道路脇の3店舗のお店にぶつかってしまいました。
このケースでは、むち打ちのケガをされた前の車の方には対人賠償保険で補償し、店舗は人ではないので店舗は対物賠償保険で補償します。
対人賠償保険も対物賠償保険も契約金額が2,000万円だったとします。
1店舗1,000万円の損傷額が出てしまい、3店舗の合計損害額が3,000万円だとすれば、2,000万円が対物賠償保険から1,000万円は自身での支払いとなります。
むち打ちのケガをされた3人の損害学が1人1,000万円で3人で3,000万円だったとした場合、対人賠償保険では1人契約額の2,000万円までの補償がありますので、むち打ちのケガをされた3人の損害額、各1,000万円ずつを対人賠償保険から補償してもらえます。

対物賠償保険では、複数の被害者の物に損害を与えたケースでは、損害額の合計が契約額を超えることはできないのが対人賠償保険と対物賠償保険の違いです。
今回は「交通事故での保険の種類」の保険内容についてご説明させて頂きました。