紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

交通事故に遭ったときの慰謝料の注意点 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術 > 交通事故に遭ったときの慰謝料の注意点

交通事故に遭ったときの慰謝料の注意点

2018.03.01 | Category: 交通事故・むち打ち施術

今回のタイトルは「交通事故に遭ったときの慰謝料の注意点」の慰謝料についてご説明していきますね。
交通事故で被害者がケガやむち打ちや亡くなられた時には、被害者又は被害者の遺族の被った肉体的や精神的苦痛に対して慰謝料で補償してもらいます。
慰謝料を大きく分けると、ケガ・後遺障害・死亡のそれぞれに対して慰謝料を請求することができます。
そして慰謝料が認められるのは、人身事故だけで物損事故では認められません。初めて聞かれる方も多いと思いますが、交通事故によって慰謝料が認められているのは、むち打ちなどのケガを負ってしまった、ケガが完治せず後遺症として残ってしまった、被害者が亡くなってしまった人身事故についてだけです。物損事故だけの場合には、高価な自動車が損傷したとしても慰謝料の請求はできませんので注意して下さいね。

それでは交通事故でむち打ちなどのケガをした場合の慰謝料について詳しく説明していきますね。
交通事故でケガをした場合には、入院費・施術費・交通費・休業損害・慰謝料など全部の損害額が120万円までが自賠責保険によって慰謝料を支払ってもらえますが、120万円を超える分については自賠責保険ではなく任意保険の対象となってきます。
今回は「交通事故に遭ったときの慰謝料の注意点」の慰謝料についてご説明させて頂きました。