紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

むち打ちと交通事故 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術 > むち打ちと交通事故

むち打ちと交通事故

2018.02.19 | Category: 交通事故・むち打ち施術

今回のタイトルは「むち打ちと交通事故」です。
みなさん「むち打ち」という言葉は聞いたことがあると思いますが、では「むち打ち」とはどういった症状のことを言うのでしょう?
むち打ちとは、自動車の衝突やコンタクトスポーツなどによって大きな衝撃が首に加わった際に損傷するケガのことです。交通事故などの衝撃が首に加わると、首がむちがしなるような急激な運動がかかります。その結果、首や頭などを損傷してしまい「むち打ち」になります。
むち打ちの症状としましては、首や肩の痛みや筋肉の緊張、頭痛、しびれ、めまい、吐き気、耳鳴り、疲労感や神経症状などが表れます。
しかし、むち打ちの症状が表れていてもレントゲンやMRI、脳波などの検査を行っても異常がなかったりと他覚的な所見が認められないことが多いです。
衝撃の程度が軽い場合には、2〜3ヶ月程度で少しずつ良くなるのが一般的です。衝撃の程度が大きなむち打ちの場合は、長くても1年以内に良くなると考えられていますが、1年以上通院されているようなケースもあります。このような長期に及ぶ「むち打ち」などでは、被害者の心理的要因が影響していることもありますので事故との因果関係を否定されてしまうこともあります。

今回は「むち打ちと交通事故」のむち打ちについてご説明させて頂きました。
続きは、次回お伝えしますね。