紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

交通事故で後遺症が残ってしまったら | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術 > 交通事故で後遺症が残ってしまったら

交通事故で後遺症が残ってしまったら

2018.02.04 | Category: 交通事故・むち打ち施術

今回は、交通事故でむち打ちなどのケガをされてしまい後遺症が残ってしまった際の補償についてご説明させて頂きますね。
後遺症という言葉はよく耳にしますが、では後遺症とはいったいどう言ったものなのでしょう?

後遺症とは、交通事故によってむち打ちなどのケガを負ってしまい、施術をしたが治らず、これ以上の改善が見込めない状態で身体に障害が残ってしまった状態を後遺症といいます。
交通事故によってむち打ち等のケガの施術していたが、ある時期からこれ以上の改善が見込めない状態となることもあります。このような状態になると、ケガの症状が固定されているので症状固定となります。この症状固定の状態で身体に一定の障害が残ってしまった際には、後遺障害として損害賠償を請求することができます。
ここで注意して頂きたいのが、後遺症の損害賠償を請求すれば全て認められるということではありません。
後遺障害の等級認定は非常に厳しく、後遺障害に該当されない方もたくさんいらっしゃいます。
後遺症の等級については、また後で説明しますね。
後遺障害は、損害保険料率算出機構というところで後遺障害に該当するかどうかや、どの程度の等級かなどの後遺障害の認定を行なっています。
後遺症の続きは、また次回ご説明しますね。

草津・瀬田・石山でむち打ち専門施術なら当院へ!