紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

交通事故後の休業損害 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術 > 交通事故後の休業損害

交通事故後の休業損害

2018.02.02 | Category: 交通事故・むち打ち施術

今回は、交通事故に遭って、むち打ちなどのケガをして仕事を休んでしまったときの補償についてご説明させて頂きます。
交通事故に遭って、むち打ちや骨折などのケガをしてしまった際に、ケガの状態がひどくて仕事を休んでしまい賃金や収入を得られなかったときの損害を休業損害といいます。
では休業損害の金額は、どのように計算するのでしょう?
休業損害の金額は、交通事故に遭う前の収入を基準として計算されます。
会社員などの給与所得の方は、交通事故に遭う前の給与の金額を基準として計算しますが、ケガをして休んでいたとしても給与が全額会社から支払われていれば休業損害は認められませんので注意して下さいね。
自営業の方などは、交通事故の前年度の確定申告の所得での計算となります。
専業主婦の方などは、どこかにお勤めになっているわけではありません。しかし現実には収入がなくても主婦業として休業損害が認められています。
自賠責保険での基準としては1日に5,700円とされています。
そして、それぞれの収入の基準に実際に休んだ日数をかけて休業損害の金額を計算していきます。
このようにして休業損害の金額は決定していくのですね。
むち打ちなどの交通事故でのケガは、石山・瀬田のいいな鍼灸整骨院へご相談して下さいね。