紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

交通事故・むち打ちの付添看護費 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 腰痛,頭痛 > 交通事故・むち打ちの付添看護費

交通事故・むち打ちの付添看護費

2018.01.22 | Category: 腰痛,頭痛

今回は、交通事故やむち打ちで入院したときなどの付き添え看護費についてご説明させて頂きますね。
ちなみに付き添え看護費というのは、どういった費用かというと被害者が通院や入院などの際に、一緒に付き添って看護する費用のことです。
付き添え看護費には、入院付き添え看護費と通院付き添え看護費、将来の付き添え看護費があります。
付き添え人が病院や専門機関からのプロの場合には、実費費用が全額認められます。
付き添え人が近親者の場合には、自賠責保険では1日につき4,100円が入院の付き添え看護費として、通院の付き添え看護費は1日につき2,050円が認められます。自賠責保険の基準より高い裁判基準では、入院の付き添え看護費が1日につき5,500円から7,000円、通院の付き添え看護費が3,000円から4,000円が目安となります。
これらの金額を越える場合には、社会通念上において必要で妥当な金額を認めるとされていますので注意して下さい。
仮に重い後遺症などが残ってしまって、将来にわたっても付き添え看護費を必要とする場合には、平均余命までの期間の付き添え看護費を請求することができます。
交通事故で、むち打ちや重いのケガを負ってしまったときには、被害者はもちろんですがその周りの家族や近親者の方も本当に大変な思いをされます。
いつ誰もが交通事故の被害者にも加害者にもなる事を意識しましょうね。