紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

交通事故やむち打ちの損害賠償の時期 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術 > 交通事故やむち打ちの損害賠償の時期

交通事故やむち打ちの損害賠償の時期

2018.01.12 | Category: 交通事故・むち打ち施術

今回は、交通事故やむち打ちの損害賠償の時期についてご説明させて頂きます。
交通事故によって、むち打ちやケガをして通院や入院をしたり、お仕事を休んだりなどといった交通事故による損害賠償はいつ頃に請求すればよいのでしょう?
一般的には、交通事故による様々な損害額が決定して始めて損害賠償の支払いを受けることとなるのですが、場合によっては先に請求する事も可能です。
では、どういった場合に先に可能かと言いますと施術費や通院するための交通費、入院したときの雑費、付き添いでの看護費、お仕事を休まれた休業損害については、経過に応じて途中で請求することも可能です。
これらの損害金は加害者が直接支払いを行うケースと、保険会社が支払いを行うケースがあります。
加害者請求といって、加害者が交通事故にあわれた被害者に対して直接損害賠償金を支払うケースの場合には、加害者はその後に保険会社に保険金を請求します。
では、損害賠償金の限度額はどのようになっているのでしょう?
車に乗る方は、自賠責保険と任意保険に加入されていると思います。
自賠責保険は強制保険で支払いの限度額は死亡した場合には3000万円、ケガの場合には120万円となります。しかし自賠責保険の賠償金額だけでは不十分なので、任意で例えば対人・対物無制限などの保険に加入されます。