紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > ゆがみ,頭痛 > EMSで無呼吸症候群を改善しましょう①

EMSで無呼吸症候群を改善しましょう①

2017.11.18 | Category: ゆがみ,頭痛

最近整骨院に導入したEMSとい医療機器があります。これはインナーマッスルを鍛えることでボディラインを美しくしたり、落ちてしまった筋肉をつける機器になります。今流行りのシックスパットもそうですね。お腹の筋肉は大きいので、そこを鍛えることによって新陳代謝が上がり、痩せやすい身体になります。

みなさんは「睡眠時無呼吸症候群」という病気をご存知でしょうか?
これは睡眠中に10秒以上息が止まる無呼吸状態や、喉の空気の流れが弱くなった状態が10秒以上続く低呼吸になっている状態のことを言います。

自覚症状としては、夜に何度も目が覚めたり、日中の激しい眠気、大きないびきや呼吸停止していると家族から言われるなどがあります。その結果として高血圧・虚血性心疾患・脳血管障害・糖尿病などの合併症を招きやすくなります。また、認知症患者の9割に睡眠時無呼吸症候群があることもわかりました。

では、無呼吸になる原因はなんなのでしょうか?
大きく分けると2つのタイプがあります。
1つ目は、空気の通り道である上気道が物理的に狭くなり、呼吸が止まってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)。
2つ目は、呼吸中枢の異常による中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)。

では次回、この2つについて詳しくお話していきます。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内