紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > ブログ > 肩こり・顎関節症①

肩こり・顎関節症①

2017.10.30 | Category: ブログ

今回は顎関節症と肩こりの関係についてお話いたします。
顎の関節に開閉時に痛みや骨がカクカクときしむような症状等を顎関節症といいます。
顎関節症では肩こりを伴うことが多いです。顎関節症の方は顎の筋肉がこり固まっていることから、その筋肉の張りが肩にまで広がることで起こります。また、顎の筋肉のこりが溜まることで、エラが張って見えたり、顔が大きくなってしまったりすることもあります。
片方だけで噛むことが多い、ストレスによって無意識に歯ぎしりをしている、片方だけ頬づえをつく、等の左右均等でない筋肉の使い方により筋肉の発達が偏ります。また、姿勢が悪いと顔が前に突出するため、顎の付け根に偏った力が働いてしまいます。また、顎のバランスが崩れている状態なので、左右で目や口角の高さが違うといったような左右非対称に体が歪みます。
関節をスムーズに動かすクッションがズレが生じたり、変形することで痛みが発症します。顎がズレると第一頸椎もズレやすくなることから、肩こりや頭痛、腰痛などを引き起こします。
顎に力を入れやすい人は肩こりがしやすいとも言えます。
いかがでしたか?次回も顎関節症と肩こりについてお話させていただきます。
 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内