紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

疲労③ | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ブログ > 疲労③

疲労③

2017.10.23 | Category: ブログ

疲労②の続きについてです。

7~8時間程度の十分な睡眠時間確保できるのがベストではありますが、夜遅くまでお仕事を頑張っている方、なかなか睡眠時間を確保できない方もいらっしゃいます。短い時間でも睡眠の質を上げて、眠気や疲労感を取り除き、日中生活を快適に過ごしていくことが重要です。

夜寝る前のカフェインの摂取は避けて、照明もできるだけ暗くしましょう。枕の高さも自分に合ったものを選びましょう。また、テレビやスマートフォンなどの光は脳が覚醒してしまいますので、寝る前に見るのは避けましょう。その他にも、朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びると、良質な睡眠を高めてくれるといいます。

・リラックスをこころがけましょう

疲労には心身にリラックスを感じることが重要です。入浴にはリラックス効果が非常に高く、固まった筋肉を緩ませて血行を良くしてくれます。血行が促進されると体内の老廃物や疲労物質が流れて、神経の緊張状態も緩和されます。

お風呂のお湯は38~40度くらいが副交感神経が優位になるので、リラックス効果を高く得ることができます。また、食前食後の30分の入浴を避けて、できれば布団に入る3時間前までに済ませることが理想的であります。ストレッチやマッサージをして、筋肉もほぐしましょう。お風呂の中でもアロマを楽しむなどの工夫もとても良いです。

また、日常生活の中でも、深呼吸を意識させると、心拍数が少なくなりリラックスにつながります。