紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛と脊柱管狭窄症 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ゆがみ,腰痛 > 腰痛と脊柱管狭窄症

腰痛と脊柱管狭窄症

2017.10.18 | Category: ゆがみ,腰痛

今回は、脊柱管狭窄症による肩こりや腰痛についてお話します。

脊椎管狭窄症は、脊柱管が狭くなって、中を通っている神経の束や、脊柱管から出ていく神経が圧迫されることによって起こる病気です。腰部では、ふくらはぎの痛み、腰痛、血行不純や、痛み、しびれが起こるなどします。

脊椎管狭窄症では、神経のどの部分が圧迫されているかによって症状が異なります。

たとえば、脊柱管の中に馬尾という神経があります。この神経は膀胱の働きと関係します。馬尾が圧迫されている場合は排尿障害や残尿感などの症状が現れます。

脊柱管狭窄症の原因はさまざまですが、生まれつき脊柱管狭窄症の狭い人が加齢による脊椎の変化によりさらに狭くなって炎症が起こります。先天的に脊椎管の広い人は、ほとんど病気にはなりません。

脊椎管狭窄症の人は、前屈みや腰をかけると楽になり、階段では上りよりも、下りの方が辛く感じます。進行すると、ふくらはぎの力が衰えたり、肛門周辺のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿漏れになったりします。

日常生活では、症状を悪化させるような重い物を持つことや、腰をひねる、長時間同じ姿勢でいるといった腰に負担のかかることを避けましょう。姿勢は正しく保つことが必要です。自転車を使ったり、前かがみのとれる杖やシルバーカーを使用しましょう。