紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

肋骨の痛みの原因 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ゆがみ,肩痛 > 肋骨の痛みの原因

肋骨の痛みの原因

2017.10.18 | Category: ゆがみ,肩痛

前回に続き、肩こり・肋骨の痛みについてご紹介します。今回は肋骨の痛みの症状についてです。

●肋間神経痛

肋骨に沿って痛みが出る症状が出る神経痛を肋間神経痛をいいます。主に、背骨の脇から出ている肋骨を順番に押していくと痛みを感じる箇所がありますが、片側に起こるのが特徴的です。脊髄が圧迫されて起こる場合や帯状疱疹によって起こる場合など様々な要因があります。鎮痛薬や塗布薬、湿布を貼って痛みの様子をみましょう。

●帯状疱疹

過去に水痘(水ぼうそう)にかかって、そのウイルスが体内に残っていると再発する感染症です。ピリピリとした焼けるような痛みがあり、肋間神経に沿って、水泡上の湿疹が出てきます。肋間神経痛よりも強い痛みを発症し、湿疹も出てくるので、このような症状を見落とさずに受診しましょう。

●疲労骨折

上半身使う同一種目の運動を繰り返したり、トレーニングのやりすぎで体の回復追いつかないオーバーとレーニングによって肋骨にひびが入る状態です。進行しますと骨折になります。疲労骨折は肋骨にも起こりやすくなります。レントゲンなどを受けて検査を行いましょう。

●肋軟骨炎

肋骨や肋骨についてる軟骨に炎症を起こして痛みがでます。若い女性や40歳位以上の人になりやすい病気で、骨が弱くなったことや、重労働、外傷などにより起こります。胸骨の両脇を抑えたり、息ををするだけでも痛みを感じる場合があります。