紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > ブログ > 高血糖と血流

高血糖と血流

2017.09.30 | Category: ブログ

よく耳にする生活習慣病ですが、これを予防するうえで血液の状態を正常に保つことはとても重要です。中でも血糖・脂質・血圧のコントロールは健康寿命のためにも欠かせません。
糖尿病は、インスリンというホルモンが不足するために、糖分が血液中に溜まって血管障害や神経の障害を引き起こす病気です。

炭水化物や脂質といったエネルギーに変換される栄養素は、いったんブドウ糖に分解され、小腸で吸収されて肝臓に送られます。
脳や筋肉に送られたブドウ糖は、そこで取り込まれて活動のエネルギーになります。その時に必要となるのが「インスリン」です。インスリンは、すい臓の中にある膵島β細胞から分泌されるホルモンの一種です。
一方、代謝されず血液中に残ったブドウ糖は、肝臓や脂肪細胞に蓄えられ、将来使われるであろうエネルギーとして貯蔵されます。
長く飢餓の時代を生き抜いてきた人類は、このようにして体内のエネルギーを蓄える機能を獲得してきたといわれています。
しかし、インスリンの分泌量が減ったり、その危機が悪くなったりすると、血液中のブドウ糖が徐々に増え、慢性的に高血糖状態となります。これが「糖尿病」です。

糖尿病の最初の症状は、やたらのどが渇く、疲れやすい、体重が減る、手足がしびれるといったことです。これらが自覚されたら、すでにかなりの期間高血糖状態にあると考えられます。
糖尿病は健康診断で簡単に発見できますので、そうならないためにも定期的に健康診断を受けましょう。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内