紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > ブログ > ロコモティブシンドロームと腰痛③

ロコモティブシンドロームと腰痛③

2017.09.23 | Category: ブログ

今回で3回目のロコモティブシンドロームですが、治療はどのようなことを行うのでしょうか?
まず、原因疾患の治療として、薬物・手術・リハビリをまず行います。その過程で家庭でもできる運動を行うことが治療に必要です。
運動器の障害を治療するには運動が一番です。膝の屈伸運動・ストレッチなど、身近な環境でできることから始めていきましょう。

ロコモティブシンドロームにならないためにも、予防が大切です。自分がロコモティブシンドロームであるという認識を持つことが第1段階です。そのために前回お話した7つのチェックに加えて、「ロコモ チャレンジ!推進協議会」のホームページ(https://locomo-joa.jp)で紹介されている「ロコモ度テスト」もやってみましょう。立ち上がりテストや2ステップテストの2つのテストでリスクの程度を具体的に確認できます。
次に運動を習慣化することが第2段階です。可能な限り毎日運動を行いましょう。ウォーキングや水中歩行、テニスや水泳、卓球や太極拳などいろいろな運動を習慣的に続けるようにしましょう。これ以外にもストレッチや体操など、自宅でTVを観ながら出来る運動なども取り入れてみましょう。
痛みなどの症状があると運動も難しくなりますので、そんな場合は医療機関を受診するのが第3段階です。

ロコモもメタボも運動することが重要ですので、運動が苦手だなぁという方も、この機会にぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内