紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

ロコモティブシンドロームと腰痛② | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ブログ > ロコモティブシンドロームと腰痛②

ロコモティブシンドロームと腰痛②

2017.09.23 | Category: ブログ

前回は、ロコモティブシンドロームとはどのようなものなのかをお話させて頂きました。ロコモになると要介護認定者になる危険性が増す事、また、要介護認定者にならないためには、男性はメタボに気を付けて女性はロコモに気を付けることが大事だという事でした。

現在ロコモの人口は予備軍も含めて4700万人と言われています。ロコモに特に関係が深い疾患は、高齢者に多い膝や腰、骨の病気、つまり変形性膝関節症、変形性腰椎症、骨粗しょう症と考えられています。それぞれの病気の推計人数は、変形性膝関節症が2530万人、変形性腰椎症が3790万人、骨粗しょう症が1300万人となっています。この数字は、メタボの人数、すなわち高血圧3970万人、糖尿病820万人、脂質異常症1410万人に匹敵する数になっています。

では、自分がロコモなのかどうかをチェックしてみましょう。これから挙げる項目のうち、1つでも当てはまればロコモティブシンドロームに該当しますので気を付けましょう。

①片脚立ちで靴下がはけない
②家の中でつまずいたりすべったりする
③階段を上がるのに、手すりが必要である
④家事で重いものを持ち上げる動作(掃除機の使用や布団の上げ下げなど)が困難である
⑤2㎏程度の買い物(1ℓの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難である
⑥15分くらい続けて歩くことが出来ない
⑦横断歩道を青信号で渡りきれない