紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

肩こり・腰痛・ゆがみ⑥ | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ブログ > 肩こり・腰痛・ゆがみ⑥

肩こり・腰痛・ゆがみ⑥

2017.09.18 | Category: ブログ

前回は、男性に多いあぐら座りや、女性に多い横座りの体のゆがみについてご説明させて頂きました。
あと少しだけ日常生活の中での、ゆがみや肩こり・腰痛について説明しますね。

立っている姿勢が長いお仕事の方や、スポーツをされている方などに多いのですが、立っているときの姿勢が自然と片脚立ちになっている方は要注意ですよ。
片脚重心の場合には、どちらか一方に傾いて体重がかかってしまいます。
重心がかかっている方は、必要以上に力がかかってしまい、反対の重心がかかっていない方は、はほとんど力は使われません。この左右の差を脚・骨盤・背骨で補おうとするために、体がゆがんでしまいます。
そして腰痛や肩こりなどの症状が現れてきます。
立っている姿勢は、体重を両脚に分散することを意識してみましょうね。

寝るときの姿勢も、ゆがみと大きく関連します。
合わない寝具や枕で寝ていると、体がゆがんでしまい肩こりや腰痛の原因となってしまいます。
人間の首や腰の骨は、真っ直ぐではなくお腹側に自然なカーブがあります。低すぎる枕や高すぎる枕では、首の自然なカーブが保てなく、ゆがんでしまいます。
寝具も同じで、柔らかすぎる寝具や硬すぎる寝具では腰の自然なカーブが保てなく、ゆがんでしまいます。
また、寝ているときは寝返りをうって、姿勢を変えることが大切です。長時間同じ姿勢でいると、体の重さを常に同じ場所が支えてしまうので、筋肉の緊張が起こりやすくなってしまい肩こりや腰痛を引き起こしてしまいます。
朝起きたときに、首や肩や腰が痛い方は、今お使いの寝具が体に合っているか一度確認してみましょう。