紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

手首 腱鞘炎② | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ブログ > 手首 腱鞘炎②

手首 腱鞘炎②

2017.09.11 | Category: ブログ

今回も、手首の腱鞘炎の手根管症候群についてご説明させて頂きますね。
前回、手首の腱鞘炎(手根管症候群)になりやすい職業の方や、スポーツをされている方についてご説明させて頂きました。
では手根管とは聞きなれないと思いますが、一体何でしょう。
手根管とは、手のひらの手首に手根骨という小さな骨の集まりがあります。その骨と靭帯の間に神経が通るトンネルがあるのですが、そのトンネルのことを手根管といい正中神経という神経が通っています。
この正中神経は、指や手のひらの感覚や動きを支配しているので、手根管症候群で正中神経が圧迫されてしまうと指や手のひらにしびれが出現するのですね。
手首の腱鞘炎(手根管症候群)は、朝方や夜間に痛みが現れることが多く、症候が強くなると指や手のひらだけでなく、手首から先全てに痛みが現れたり、腕や肩にまでしびれが出現したりすることもあります。
さらにひどくなってしまうと、親指の付け根の筋肉が萎縮してしまって親指と人差し指で輪っかを作るOKサイン(パーフェクトオー)がやりずらくなったり、感覚が鈍くなったり、指の脱力感など様々な症状が現れてきます。
手首の腱鞘炎(手根管症候群)でも症状が重症の方は、神経の圧迫を取り除く手術をされる事もありますので、手首を休めて負担を少しでも軽減していきましょう。