紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 未分類 > 肩こり 睡眠姿勢

肩こり 睡眠姿勢

2017.09.06 | Category: 未分類

今回は、肩こり解消や、良い睡眠のためにも寝るときの姿勢についてご説明させて頂きますね。
仰向け、横向き、うつ伏せの3つの姿勢のうち首・肩・背中に負担の少ない寝る姿勢はどれだと思いますか?
寝る時に、首や肩や背中に一番負担が少ない姿勢は、仰向けの姿勢になります。
仰向けの姿勢では、寝ているときに体重が均等に分散されやすいからです。体重が一点に集中してしまうと、その集中したところの血行が悪くなってしまいますが、分散されると血行を妨げにくくなります。
では、肩こりになりやすい寝る姿勢は、どの姿勢でしょうか?
答えは、うつ伏せの姿勢が肩こりにつながりやすい姿勢になります。
なぜかというと、うつ伏せの姿勢では、首を左右のどちらかに向けて寝ることになるので、首、肩、背中の筋肉も捻れてしまいます。
その結果、肩こりが起こりやすくなってしまいます。
他にもうつ伏せの状態では、胸郭が広がりにくいので、寝ているときの呼吸が浅くなってしまいます。
そして、うつ伏せの姿勢では、お腹がベッドに密着している状態になりますので、腰椎が下がってしまいます。腰椎が下がってしまうと、体は反った状態になってしまい、背骨の自然なS字カーブの状態が崩れてしまいます。このような姿勢では、背中や肩、首の筋肉が圧迫されて血行が悪くり、肩こりの要因になってしまいます。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内