紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

関節リウマチの初期症状 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 肩痛,膝痛,足痛 > 関節リウマチの初期症状

関節リウマチの初期症状

2017.08.13 | Category: 肩痛,膝痛,足痛

今回は、ひざ痛や関節リウマチの症状についてご説明させて頂きます。
関節リウマチの初期の症状は、どういった症状が現れるのでしょうか?
初期症状の多くの場合には、手の指や手首のこわばりや違和感を朝起きたときに感じることが多いです。他には食欲不振や微熱、だるさなどの全身の症状も現れますが、これらの症状はありふれた症状です。手の指のこわばりや違和感も、動かしているうちに自然に消えて行くので、たいしたことはないや気のせいと思ってしまいます。しかし放置していると、そのうちに関節が腫れて痛みが現れます。最初に痛みが現れやすいのは、手の指の第2関節や、付け根の関節で左右の同じところが痛くなることが多いです。ひざ関節などの大きな関節から痛くなる方もおられます。
関節リウマチは、初めは発見しづらい疾患です。気がついたときには進行がかなり進んでしまっていることも多々ありますので、何か違和感やおかしいなと思ったときに、すぐに受診することが非常に大切になってきます。
薬物療法で関節リウマチの症状が劇的に改善されたりすることもあります。適切に使用すると非常に効果も高いので、早期から使用することで大きく変わることが多いです。