紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

ひざ痛とスポーツ外傷 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 膝痛 > ひざ痛とスポーツ外傷

ひざ痛とスポーツ外傷

2017.08.11 | Category: 膝痛

今回は、ひざ痛やスポーツ外傷についてご説明させて頂きますね。
スポーツによってひざ痛を引き起こす外傷は様々あります。 その中からいくつかのゲカや外傷についてお伝えしていきますね。
半月板の損傷というのは、みなさん聞かれたことがあるのではないでしょうか。ひざの関節の中にクッションの役割をしている半月板があります。半月板損傷というのは、ひざに無理な力が加わり、半月板が断裂してしまうような状態のものです。半月板損傷の多くは、スポーツの際にひざを捻ったときに起こり、同時に靭帯の損傷も伴うこともあります。
どういった症状が現れるかといいますと、ひざの曲げ伸ばしがしにくく、しゃがんだ際にはきしむような音がします。その他には、ガクッと力が抜けるような症状もあります。このような状態があるときは半月板損傷が疑われます。保存療法で改善が見られないときには、半月板の切除や、縫合などの手術が行われます。
その他には、ひざ前十字靭帯損傷というのも聞かれたことがあるのではないでしょうか。
ひざには、前の靭帯、後ろの靭帯、内側の靭帯、外側の靭帯と4つの靭帯があります。
その前の靭帯の前十字靭帯が、ゆるんだり断裂したりするのが前十字靭帯損傷です。一度損傷してしまうと、なかなか治りづらい場所です。特に若い女性のアスリートに多く、損傷したまま放置してしまうと半月板や軟骨なども痛め、骨の変形を招いてしまうので注意が必要です。