紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

ひざ痛 変形性ひざ関節症 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 膝痛 > ひざ痛 変形性ひざ関節症

ひざ痛 変形性ひざ関節症

2017.08.03 | Category: 膝痛

今回は、ひざ痛や変形性ひざ関節症についてご説明させて頂きますね。
変形性ひざ関節症という名は、一度ぐらいは聞かれたことがあるのではないでしょうか?
変形性ひざ関節症は、ひざ痛の代表的な疾患の1つでひざ痛の約半分を占めていると言われています。
男性よりも女性が2〜3倍多く、年齢を重ねるごとに増えていきます。
では、変形性ひざ関節症とはどのように起こるのでしょうか。
ひざ関節は、太ももの骨の大腿骨と、下腿の骨の脛骨とひざのお皿の膝蓋骨なら構成されています。そして骨は、先端の方を関節軟骨が覆って保護しています。この関節軟骨がすり減ってしまい、炎症が起こることが変形性ひざ関節症です。
関節軟骨は、ひざの病気やケガや加齢などで徐々にすり減っていき、破片が剥がれ落ちてしまいまいます。そしてこの破片が、ひざ関節を覆う関節包の内側にある滑膜を刺激しだします。この刺激によって免疫細胞を含んだ関節液が大量に分泌されます。このような仕組みは、体の防御反応の1つで、この際に様々な化学物質やサイトカインなどが放出されます。様々な化学物質や免疫細胞によって、腫れたり痛みなどの炎症が起こります。
ちなみに免疫細胞とは、ウイルスやガン細胞などを攻撃して破壊などをしてくれる免疫に関する細胞のことです。