紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛 腰椎分離症・分離すべり症 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛 腰椎分離症・分離すべり症

腰痛 腰椎分離症・分離すべり症

2017.07.26 | Category: 腰痛

今回は、腰痛の腰椎分離症・分離すべり症についてご説明させて頂きます。
背骨は、椎骨と言いことは以前お話しさせて頂きましたが、その椎骨はお腹側の椎体と背中側の椎弓で構成されています。この椎弓がひび割れてしまい、分離してしまうのが腰椎分離症といいます。腰椎分離症は、成長期の子供に多くみられ、激しいスポーツなどの運動による疲労骨折で、成長期の柔らかい骨に繰り返しの力が加わることで腰椎分離症が発生します。ちなみに疲労骨折とは、激しいスポーツなどで、骨の同じ場所に繰り返し力が加わることによって骨にヒビが入ってしまい、最後には骨折が起こってしまうのが疲労骨折といいます。
特に背中を反らせる動きが多いスポーツで発生することが多く、野球やバレー、走り高跳び、体操やテニスなどのスポーツは注意して下さいね。
スポーツ選手の30〜40%に見られるといわれ、一般の方は5%程度と圧倒的にスポーツをされている方に多くみられます。腰椎分離症は、第5腰椎に起こりやすくて、骨折した際には激しい痛みがあります。
成長期でスポーツをされている方は、特にケアをしっかりとしておきましょうね。
次回は、腰痛の分離症や分離症すべり症についての治療法などについてご説明させて頂きますね。