紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛 変形性脊椎症 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛 変形性脊椎症

腰痛 変形性脊椎症

2017.07.18 | Category: 腰痛

今回は、腰痛と変形性脊椎症についてご説明させて頂きます。
変形性脊椎症とは、聞かれた事がある方も多いと思われますが、どのような特徴があるのでしょうか。
変形性脊椎症は、高齢者に多くみられる腰痛です。
加齢に伴って背骨の骨の脊椎の椎間板というクッションの役割をしているところや、椎骨という背骨の骨自体に変形が起こってしまい、腰に痛みがでてきます。変形性脊椎症は、椎骨の老化現象の一つともいえます。人の体は、年齢とともに体の組織に含まれる水分量が減ってきて柔軟性が失われていきます。わけりやすいのは、肌をイメージして下さい。肌は、年齢とともに弾力を失っていきシワができてきます。それと同じように、椎骨と椎骨の間にある椎間板も年齢とともに水分量が減っていき、弾力がなくなって徐々につぶれていきます。椎間板はクッションの役割をしているので、薄くなってしまうと、椎骨にかかっている衝撃を受け止めきれなくなってしまい、椎骨の負担が大きくなり、椎骨同士がこすれてしまいます。そしてどんどんと椎骨がすり減ってしまうと、その修復をしようとして骨を増殖させるようになります。その結果、椎体の角に骨棘と呼ばれるトゲのようなものができてしまうのです。

次回もこの続きの、腰痛と変形性脊椎症についてご説明させて頂きますね。