紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛 脊椎圧迫骨折③ | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛 脊椎圧迫骨折③

腰痛 脊椎圧迫骨折③

2017.07.15 | Category: 腰痛

前回は、骨粗鬆症から腰痛や脊椎圧迫骨折などが起こることがある事をお伝えさせて頂きました。
今回は、骨粗鬆症になるとどのような治療をするのかをお伝えしますね。
骨粗鬆症の治療は、薬物療法や食事療法、運動療法を行い骨量の減少を抑えて圧迫骨折にならない体を作っていきます。
薬物療法では、骨の破壊を抑えて骨密度を上げる効果があるお薬などを用いて骨を強くしていきます。
食事療法では、骨の形成に欠かせないカルシウムやビタミンKカルシウムの吸収を助けるビタミンDが多く入った栄養バランスの良い食事をとることが大切ですね。
運動療法では、無理のない程度で適度に体を動かして、骨に負荷をかけ骨の作り、強くしていきましょうね。同時に筋力もつくので転倒防止にもなりますよ。

骨というのは、常に壊して作ってを繰り返して新しい骨になっています。しかし歳をとると骨を作るスピードが遅くなり、この骨の新陳代謝がスムーズにいかなくなって壊す方が多くなり骨量が減ってしまいます。
女性は閉経すると、骨を作るホルモンのエストロゲンの分泌量が減ってしまうので、骨粗鬆症になりやすくなります。
骨粗鬆症や腰痛、脊椎圧迫骨折にならないためにも、栄養バランスの良い食事と適度な運動をして骨や筋肉を鍛えましょうね。