紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

骨粗鬆症と脊椎圧迫骨折 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 腰痛 > 骨粗鬆症と脊椎圧迫骨折

骨粗鬆症と脊椎圧迫骨折

2017.07.15 | Category: 腰痛

前回は、腰痛 脊椎圧迫骨折についてご説明させて頂きました。今回もその続きの脊椎圧迫骨折についてご説明させて頂きますね。
脊椎圧迫骨折の原因は、ほとんどが骨粗鬆症になる事は前回お伝えしました。骨
粗鬆症ではつまづいたりした時に、転倒し尻もちを着いたときに背骨の圧迫骨折がよく起こります。
意外かも知れませんが、座椅子などに勢いよく座ったときも下からの衝撃と自分の体重で椎体が潰れてしまうことがあります。
そういった時には、腰や背中に強い痛みが起こります。
しかし骨が固まってしまうと、その痛みが消えてしまいます。骨は潰れたままなので、さらに他の背骨にも負担がかかってしまい、また別の脊椎圧迫骨折を引き起こす原因となります。
脊椎圧迫骨折があっても痛みをあまり感じないことがあり、気付かないうちに骨粗鬆症が進行してしまい脊椎全体が変形して背中が丸くなることがあります。このような状態になってしまうと、前かがみの姿勢になるので腰や背中に大きな負担がかかってしまい腰痛の原因にもなります。
背中が丸くなったり、背が縮んできたりするのは年齢のせいだから仕方ないねと思われがちですが、実は骨粗鬆症が進行しているかもしれません。
骨粗鬆症がどうかは、病院で検査してもらえますので、怪しいなと感じたら早めに受診して施術をしていきましょうね。