紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

交通事故・むち打ちの加害者 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ブログ > 交通事故・むち打ちの加害者

交通事故・むち打ちの加害者

2017.06.29 | Category: ブログ

前回は、交通事故で加害者になってしまったときの負傷者の救護についてや、道路から危険物の除去をしましょうという内容についてご説明させて頂きました。
今回は、交通事故やむち打ちの加害者になったときの警察への届出などの対応についてご説明させて頂きます。

2、警察へ通報して事故の報告をしましょう。
負傷者がいる場合には、110に電話をし警察へ人身事故の届出を連絡します。その際には、いつ・どこで・どのように・誰が・何が・どうなったかという事を説明しましょう。
例えば、「いつ・どこで」ですが何時何分頃に、〇〇交差点の信号のそばで交通事故を起こしました。などのように事故発生時間や場所をしっかりと伝えましょう。
そして次に「どのように・誰が・何が・どうなったか」ですが、私が止まっていた前の車に追突しました。などのように事故の状況を伝えましょう。
そして最後に負傷者がいるのかどうかを伝え、もし負傷者がいる際には状態はどうなのか、破損物の状況なども一緒に伝えましょう。
交通事故を起こしてしまうと、気が動転して適切な対応ができない事が多々ありますが、深呼吸などして落ち着いて冷静に適切な対応をとりましょう。
今回は、交通事故やむち打ちの加害者になったときの対応についてご説明させて頂きました。