紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

交通事故からの流れ⑤ | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術 > 交通事故からの流れ⑤

交通事故からの流れ⑤

2017.06.25 | Category: 交通事故・むち打ち施術

前回までは、交通事故やむち打ちの被害者になったときの発生当日の対応についてご説明させて頂きましたので、今回は事故発生後から数日以降の対応について説明していきますね。

交通事故被害者になってしまったときの対応
7・医療機関への受診をしましょう。
交通事故に遭ってしまって、運悪く怪我をしたときには、直ちに医療機関へ受診しましょう。
交通事故に遭った直後は気が動転していて痛みがよくわからない場合や、むち打ちなどの場合には数日してから痛みがでてくることが多々ありますので、必ず早めに受診しましょう。
医療機関の診断書が保険金の支払いに必要になりますので、医療機関を受診した際には診断書を発行してもらいましょう。
意外と多いのが、交通事故だから健康保険が使えないのではと思われている方がいられますが、交通事故でも健康保険や労災保険が使えます。基本的には相手の自賠責保険や任意保険で受診するのですが、相手が自動車保険に入っていなかった場合や、盗難車両や当て逃げなど様々なケースがあります。そういった際には自分の保険を使わなくてはいけなくなることがあります。
あと領収書は必ず保管しておきましょう。施術費や移動で使ったタクシーの費用なども賠償金請求に含まれますので、必ず領収書は保管しておきましょうね。