紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

交通事故からの流れ④ | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術 > 交通事故からの流れ④

交通事故からの流れ④

2017.06.25 | Category: 交通事故・むち打ち施術

今回も交通事故・むち打ちの被害者の対応についてご説明させて頂きます。

交通事故の被害者になってしまったときの対応
5・交通事故の記録をとっておきましょう
交通事故から時間が経つにつれて記憶があいまいになってきますので、その場で事故の状況をメモできるならメモしておきましょう。その際には事故の写真も撮影しておくとより良いでしょう。警察が到着した際には、事故の状況を聞かれますのでメモをとっておくとその時のも参考になりますよ。もしケガなどをしてしまって、その場でメモなどが取れない時には、後日警察に確認して自分でも事故の情報を整理しておきましょう。
6・自分が加入している保険会社へ事故の報告をしましょう。
現場検証などなどが終了し、一段落ついたら自分の加入している保険会社へ交通事故の詳細や経過を報告しましょう。保険会社によっては、事故サポートセンターなどの専用の連絡先もありますので、保険証券と一緒に送られてくる保険会社の事故の対応先などは普段から車に保管しておくと、いざという時には便利ですよ。
今回までが交通事故・むち打ちの被害者になってしまったときの初期の対応についてご説明させて頂きましたが、次回からは事故発生後からの対応についてご説明させて頂きますね。