紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

首や肩の痛み 頸椎椎間板ヘルニア② | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ブログ > 首や肩の痛み 頸椎椎間板ヘルニア②

首や肩の痛み 頸椎椎間板ヘルニア②

2017.06.13 | Category: ブログ

前回は、首や肩の痛みの頸椎椎間板ヘルニアがどのようにして起こるのかをご説明させて頂きましたので、今回は頸椎椎間板ヘルニアになってしまうとどのような症状が発生するのかをご説明させて頂きますね。

首の椎骨の間にある椎間板から髄核が飛び出し、神経を圧迫していなくても首に激しい痛みを感じることがあります。このような状態を椎間板症といい頸椎椎間板ヘルニアの一歩手前の状態といえます。椎間板の中心の髄核が背中側に飛び出し神経の根本や脊髄を圧迫してしまうと、首や肩や背中や腕、指先に痛みやしびれなどの症状があらわれてきます。頸椎椎間板ヘルニアでは、首を後ろに倒す動作の際には圧迫が強くなるので痛みが強く現れますので、上向きの姿勢や首を動かすことがしんどくなられることが多いです。頸椎椎間板ヘルニアがひどくなってしまうと、下半身にも痺れが出現してしまい、歩行や排尿に障害をきたすこともあります。このように歩行や排尿などの障害のように重症な状態になってしまうと、ヘルニアを取り除く手術が必要となることが多いです。

まとめ、首や肩の痛みの頸椎椎間板ヘルニアとは椎間板が加齢によって水分が減少してきたり、強い衝撃を受けたりすることで椎間板から髄核が飛び出てしまい、神経を圧迫してしまう状態のことです。