紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

首や肩こりの悪循環 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > ブログ > 首や肩こりの悪循環

首や肩こりの悪循環

2017.06.03 | Category: ブログ

今回は、首や肩こりの悪循環についてご説明させて頂きますね。

首や肩のこりや痛みの症状が軽く、普段は感じないが今だけ感じるような一時的な状態でしたら原因を取り除いていくと自然に良くなることもあります。

例えば、枕を新しく買い換えて寝た結果、朝起きると首が動かせなくなったとしましょう。その首を動かせない結果周りの筋肉などの負担や無理な姿勢などによって肩こりの症状もでてきました。このような場合には、原因は枕を新しくした結果、合わなくて首が寝違いになってしまい、そして首や肩のこりや痛みが起こってしまったということになります。このような一時的な痛みやこりは、首の痛みの対処をしながら、自分に合う枕へ替えることによって首や肩のこりや痛みは解消されていきます。しかし首や肩こりの原因となっている要素がいつまでも解消されないと、こりや痛みは長期化していきます。

長期間、筋肉の緊張状態が続いてしまうと血行が悪くなってしまい、疲労物質がどんどんと蓄積していきます。そして血行が悪くなり酸素不足となった筋肉の筋線維は膨張してしまい、また血管を圧迫しさらに血流を悪くしていきます。その結果、不快感や痛みが発生し、その感覚が脳に伝わってしまうと、それはストレスとなり筋肉がさらに疲労してしまい、血流もまた悪くなります。このような悪循環に陥ってしまうと、こりや痛みは悪化するだけでなく、治りにくくなってしまうのです。