紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

夏型過敏性肺炎とは? | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 腰痛 > 夏型過敏性肺炎とは?

夏型過敏性肺炎とは?

2017.05.31 | Category: 腰痛

前回からお話していますように、腰痛の原因のひとつである咳やくしゃみに、夏型過敏性肺炎というものがあります。

今回も引き続き、詳しい内容につてお話していきます。

 

この肺炎はトリコスポロンというカビを吸い込むことで起こります。このトリコスポロンの胞子は、3~10ミクロン(1ミクロン=1000分の1ミリ)と極めて小さく飛散しやすいため、肺胞の中まで吸い込まれて肺炎を引き起こします。このような環境に住んでいる人に起こりやすい肺炎ですが、特に長時間室内で働く人に多い病気です。また、高温多湿な環境で多く発症するため、東北よりも西日本に多い傾向があります。

この肺炎は、咳やたん、発熱と言った風邪のような症状からはじまります。特徴は、

①夏の間だけ咳が出る

②旅行等で自宅を離れると体調が良くなる

③夏になると同じ症状を繰り返す

④夏場に長時間家にいると、咳がひどくなる

などがあります。

これは夏風邪との見分けかたでもありますので、「もしかしたら」と心当たりがある方は、お気を付け下さい。

 

この夏型過敏性肺炎は、夏に発症して秋には症状が治まり、また同じ季節になると発症して・・・ということを数年間繰り返す傾向があります。

 

次回もこの「夏型過敏性肺炎」についてお話していきます。