紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

膝痛の進行度 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 膝痛 > 膝痛の進行度

膝痛の進行度

2017.05.28 | Category: 膝痛

膝痛に悩む人は、全国で800万人、レントゲン写真で異常が認められる人は2500万人との調査もあります。その多くは「変形性膝関節症」という病気です。

膝が痛むと歩くことが困難になったり、痛みのため歩くのが嫌になってしまいます。そうすると歩かないため筋肉が落ちてしまいますよね。筋肉が落ちると歩こうと思っても、上手く歩けなかったり、足が上がらないためちょっとした段差にもつまずき転倒して、ひどい場合は骨折してしまい寝たきりになってしまうこともあります。

このように、ただの膝痛だと思って軽く見ていると、重大なことになってしまいます。そんな膝痛について今回はお話していきたいと思います。

 

まず、膝痛の進行度を確認しましょう。変形性膝関節症は、その進行度によって適切に対処することが重要ですので、以下の項目を参考に膝の状態を確認してみましょう。

①起床時に膝がこわばる

②動き始めに膝が痛む

③階段の上がり下がりで膝が痛む

④膝の曲げ伸ばしがしにくい

⑤膝の痛みにより歩くのがつらい

⑥膝に水がたまっている

進行度は、目安として次のように考えることができます。

①②に該当→初期型

③④に該当→中期型

⑤に該当→重度型

⑥に該当→急性期型

 

このように、症状によって進行度が変わってきます。次回はこの進行度ごとの詳しい内容についてお話していきます。