紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

肥満には食事療法 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧 > 腰痛,膝痛 > 肥満には食事療法

肥満には食事療法

2017.05.20 | Category: 腰痛,膝痛

腰痛・膝痛の原因のひとつでもある「脂質異常症」ですが、前回お話しました通り、今回は施術法についてお話していきますね。

 

この病気の基本となる施術法は「食事療法」です。そして肥満のある場合は、まず減量が必要です。

体重が1㎏減ると、コレステロールは約20~30㎎/dl、トリグリセライド(中性脂肪)は約50~100㎎/dl下がります。

減量するためには、糖質と脂質の摂取を出来るだけ減らすことが大切ですが、骨格や筋肉、各種代謝を維持するため、タンパク質やミネラル、ビタミンを十分摂取する必要があります。「肉類は一切食べない」「卵や牛乳はとらない」などは間違った考えです。体組成にあった栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

一般的にLDLコレステロールの高い方は、コレステロール成分の過剰摂取を控えるとともに「脂肪」を控えること、またトリグリセライド(中性脂肪)が高い方は「糖質」を減らすことが大切です。また、お酒の飲みすぎにも注意しましょう。

 

食事だけではなく、ウォーキングなどの有酸素運動とスクワットなどの筋肉トレーニングを組み合わせた適度な運動療法で、適正体重であるBMI[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で、BMIが25以上の場合を肥満と定めています。25以下を目指しましょう!