紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛を感じる神経はどれ? | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

腰痛を感じる神経はどれ?

2017.05.07 | Category: ゆがみ,腰痛

前回はなぜ腰痛がおこるのか?の為に腰の構造を説明させて頂きましたので、少し前回の復習もしながら今回は腰の神経について説明させて頂きます。

背骨の骨の事を脊椎と呼び、その脊椎は体を支えたり、動かしたりしていましたね。脊椎はそれ以外にも脳からつながる中枢神経を保護するという大切な役割もあります。

お腹側の椎体と背中側の椎弓の間には空洞があり、この空洞を脊柱管といい脊椎を縦に貫いています。この脊柱管には神経の束である脊髄が通っています。

知覚や運動や自律神経などをつかさどる最も大切なのが中枢神経の脊髄になり、周りを椎骨でしっかりと守られているのです。

その脊髄からは31対の脊髄神経が左右に分かれていて、椎骨と椎骨の間を通っていきながら脊柱管の外に伸びていき全身に末梢神経となって張りめぐらされます。

一番上の神経は第一頸椎の上から出入りする第一頚神経でその下から順番に頚神経が8対あり、胸神経が12対、腰神経が5対、仙骨神経が5対、尾骨神経が1対あります。

脊髄は40~50センチほどの長さで、大人ではベルトの高さの上ぐらいで終わります。首のあたりの脊髄神経はほぼ水平に出ていますが、下に行けばいくほど下向きに角度がついて出ていきます。特に脊髄の末端から下の部分は細い神経の束となっていて、この束は馬の尻尾に似ているので馬尾と呼ばれています。馬尾神経は下半身の運動や知覚を支配しています。そして脊髄神経の根本の部分を神経根といいます。

今回は、なぜ腰痛はおこるのでしょう?の神経について少し説明させて頂きました。神経は少し難しいですが大切ですので知っておきましょう。

 

 

 

なぜ腰痛は起こるのでしょう?

2017.05.07 | Category: ゆがみ,腰痛

今回は、なぜ腰痛が起こるのか?についてご説明させて頂きます。

腰痛は2本足で立って歩く人類の宿命とまでいわれ、腰痛に悩む方は非常にたくさんいます。

誰でも今まで腰の痛みによって一度や二度はつらい思いをした経験があるのではないでしょうか。

それではいったいなぜこれほどに腰痛に悩む方が多いのか、まずは腰の骨の構造から知っていきましょう。

一般には背骨と呼ばれている体を支えている骨を脊椎とい言い、脊椎が連なって脊柱と言います。

そして脊椎は首の部分を頸椎、胸の部分を胸椎、腰の部分を腰椎骨盤からお尻の部分を仙骨、尾骨と5つの部分に分けられます。

さらに頸椎には7個の骨が連なり、胸椎には12個、腰椎には5個の椎骨と呼ばれる骨が連なっており、頸椎から腰椎まで合計24個の椎骨が連なっています。

そしてこの椎骨をもう少し詳しく説明しますと、お腹側が丸い椎体と呼ばれ、背中側が凸凹した椎弓と呼ばれています。

椎体と椎体の間には椎間板と呼ばれる円盤状のものがあり、衝撃を和らげるクッションの役割をしていて、背中側では椎間関節を構成していて脊椎の動きを作っています。そしてこららの椎体や椎間板や椎弓はずれてしまうと大変なことになりますので、これらがずれないように靭帯で連結されていて、さらにその周りを筋肉が覆って支えています。

脊椎は横から見ると緩やかなS字状のカーブを描くことによって、重い頭部を支えたり、運動時の衝撃や振動を吸収したり、バランスよく立てたりすることができるのです。

このように椎骨や靭帯や筋肉が1つとなって脊椎全体の動きを作ることができるのです。

今回は、なぜ腰痛は起こるのか?の前に腰の構造についてご説明させていただきました。